日焼け対策をウォーキング時にどう行う?

ウォーキングやランニングの効果は高い

 

 

 

 

ウォーキングやランニングといった有酸素運動は効果が高く、毎日の生活で身体を動かす機会が少ない人におすすめです。

 

 

ウォーキング:1㎞を10分間程度のペースで歩く

 

ジョギング:1㎞を7分間程度のペースで走る

 

ランニング:ジョギングよりも速く走る

 

 

このような違いがあるものの、マイペースで身体に負担が加わらないように行っていれば消費カロリーを増やしてダイエットに繋げられます。

 

健康維持や綺麗になるためにダイエットをしている方に適しており、基礎代謝を高めたりストレスを発散できたりするのも有酸素運動のメリットです。

 

 

ウォーキングやランニングの時に行いたい日焼け対策の方法をチェック!

 

 

 

健康と美容に密接な関係があるウォーキングやランニングですが、日焼け対策を忘れてはいけません。

 

新陳代謝が良くなっても紫外線のダメージが加わっていては意味がなく、シミやニキビなど様々な肌トラブルに繋がりやすくなります。

 

うっかりと日焼けしてしまうことを避けるために、ウォーキングやランニングの時に行うべき日焼け対策を以下ではまとめてみました。

 

 

走る時間帯を考慮する

 

 

 

紫外線の量は季節だけではなく時間帯によっても変化します。

 

太陽は朝から昼にかけて昇って正午で一番高い場所に位置し、徐々に沈んでいく形となります。

 

ここで紫外線の強度の参照になるのが、UVインデックス

 

 

1~2(弱い):安心して屋外で過ごせる

 

3~5(中程度):できる限り長袖を着用する

 

6~7(強い):日陰を歩いたり日焼け止めを塗布する

 

8~10(非常に強い):日焼け止めや帽子は必須

 

11以上(極端に強い):日中の外出は控える

 

 

上記のような指標があり、夜明けから朝方にかけての時間帯はUVインデックスが全国的に1未満なので、ウォーキングやランニングをするのに適しています。

 

紫外線が多くなる10時~15時はなるべく避けた方が良く、熱中症のリスクも高まるので朝方や日が沈んだ夕方から外に出て運動をしてみましょう。

 

 

着用する衣類に拘る

 

 

 

ウォーキングやランニングを行うに当たり、着用する衣類の選び方によって効果的に日焼け対策ができるかどうか変わります。

 

ウェアの選び方によっては直射日光を浴びやすく、なるべく素肌を露出しないような格好を選択しなければなりません。

 

そこで、以下では運動の際におすすめの日焼け対策グッズをいくつか挙げてみました。

 

 

・冬場は寒さ対策も兼ねて蒸れない素材で作られたスタンドネックのジャージを着用する

 

・通気性が高く頭皮の蒸れを防げるランニングキャップ

 

・角度を調節して顔全体を覆うように着用できるサンバイザー

 

・眩しさや紫外線カット効果のあるスポーツ用サングラス

 

 

肌だけではなく頭皮や目も同じように日焼けしやすい箇所なので、帽子やサングラスなどのグッズが大事。

 

また、現在ではUVカット効果を持つウェアが数多く販売されており、日焼け止めとは違ってUPF(UltraViolet Protection Factor)と呼ばれる数値で度合いを示しています。

 

紫外線対策の先進国のニュージーランドやオーストラリアで用いられている指標で、数値が高ければ高いほど肌を日焼けから守ってくれるのです。

 

 

短い時間のウォーキングやランニングであればあまり神経質にならなくても良いかもしれませんが、なるべくUPFの数値の高いウェアを選択してみましょう。

 

 

飲む日焼け止めサプリを摂取する

 

 

 

ウォーキングや軽い屋外スポーツをするに当たり、日焼け止めを塗布している方は多いことでしょう。

 

SPF20程度の日焼け止めなら肌への負担は比較的少ないのですが、ベタベタとして違和感を感じたり汗で流れたりといったことがあると思います。

 

ウォータープルーフタイプの日焼け止めでなければ汗をかいた時にケアできませんよね。

 

そんなときには、飲む日焼け止めサプリを摂取してみましょう。

 

 

運動する前にサプリメントを飲み、紫外線を身体の内側からカットしていれば肌への悪影響を抑えられます。

 

 

・活性酸素の発生を抑制する抗酸化作用を持つ成分

 

・DNAの損傷を保護する成分

 

・美肌を整えるための植物エキス

 

 

これらの有効成分がバランス良く飲む日焼け止めにはバランス良く含まれており、手軽にUV対策を始めたい方におすすめです。

 

塗りムラや塗り残しが発生しない効果的なケアなので、当サイトで推奨しているサプリメントのホワイトヴェールを飲んで健康のためにウォーキングやランニングを行ってみてください。

 

ただし、飲んでからすぐに効果が発揮されるわけではなく、出かける30分前に飲むのがポイントです。

 

 

紫外線と上手に付き合うのが大事

 

 

 

運動する際に限らず、日常生活の中でも紫外線と上手に付き合うのが大事です。

 

紫外線は悪さだけ引き起こす存在ではなく、骨粗しょう症を予防したり体内のビタミンDの合成を促したりといった働きがあります。

 

しかし、大量に浴びれば肌の老化現象を促す形となるので、上記の方法で日焼け対策を行いながらウォーキングやランニングに取り組んでみてくださいね。

2019年版・飲む日焼け止めサプリランキング!