日焼け止めはスプレータイプも便利だけど…

スプレータイプの日焼け止めの効果やメリットは?

 

 

 

 

 

シュッとスプレーするタイプの日焼け止めは、使いやすいですよね。でもメリットばかりでなく、デメリットも…


 

 

 

日焼け止めといってもいろいろで、現在ではドラッグストアなどの実店舗やネット通販で、様々な種類の製品が販売されていますよね。

 

その中でもスプレータイプの日焼け止めは、割り多く発売されています。

 

それでは、スプレータイプの日焼け止めにはどんなメリットがあるのか、見てみましょう。

 

 

・背中など手が届かない場所でも簡単に日焼け止めを塗ることができる

 

・製品の種類によってはクリームやジェルを使えない頭皮に塗布できる

 

・自宅でも外出中でも気になったタイミングで手軽に使用できる

 

メイクの上からでも顔にスプレーできる日焼け止めも現在では販売されている

 

手が汚れることがないので忙しい朝でもサっと対策ができる

 

・塗った場所が白っぽくなりづらく、ベタベタした感触がない

 

 

手軽に使用できるのがスプレータイプの日焼け止めの大きなメリットで、太陽の紫外線から肌を守ってくれます。

 

脇の下に使用する制汗スプレーのような感覚で使用できますし、顔や身体だけではなく頭皮や髪の毛も紫外線のダメージから守ることができるんです。

 

 

・頭皮が日焼けすると炎症を起こしてフケのように鱗屑が浮き上がる

 

・髪の毛が日焼けするとキューティクルが剥がれて、枝毛や切れ毛が起こりやすい

 

 

ですから、美髪を維持したいと考えている女性は、髪や頭皮のUV対策を念入りに行いましょう!

 

 

 

髪や頭皮のUV対策って、意外と忘れがちなんですよね。


 

 

日焼け止めスプレーの正しい使い方は?

 

 

 

日焼け止めスプレーの使い方はとても簡単で、ボディや頭皮など気になる部位へとシューっと吹きかけるだけです。

 

 

クリームタイプやジェルタイプの製品だと、こうはいきませんよね。

 

一度手に付けてから、塗布する必要があります。

 

 

・白残りしないように薄く塗り広げなければならない

 

手が汚れるので最後に洗う必要がある

 

時間がかかるので日焼けケアが面倒だと感じる

 

 

クリームタイプやジェルタイプ上記のようなデメリットがあります。

 

これに対して、スプレータイプの製品は塗りづらい場所でも自在に対策できるので、日焼けケアが面倒だと感じている方におすすめです。

 

使用できる場所や使用量に関しては製品によって異なるため、公式サイトやパッケージを事前に確認しておきましょうね。

 

 

 

粘膜とか、口の中とかはダメですからね~!


 

 

日焼け止めスプレーを選ぶ上でのポイントは?

 

 

 

「どんな製品を使えば分からない」と悩んでいる方のために、以下では日焼け止めスプレーを選ぶ上でのポイントをいくつか挙げてみました。

 

 

・汗で流れにくく持続性を高められるウォータープルーフタイプで比較する

 

・「ボディだけ」「顔だけ」と限られておらず、頭皮や髪の毛など全身に使用できる

 

・外出先で塗り直すのを考慮し、メイクやストッキングの上から使えるのかどうか確認する

 

・SPFやPAの数値があまり高くなく、肌への刺激が少ない製品を選ぶ

 

 

基本的にスプレータイプの製品は液体を霧状へと加工しており、水で流れ落ちてしまいやすいんですね。

 

汗をかいて流れてしまっては紫外線から肌を守ることができず、1日に何回も頻繁につけ直さなければいけません。

 

そのため、水で落ちにくいウォータープルーフタイプの日焼け止めが適しています。

 

中には80分間の水浴テストで耐水性が確認されたウォータープルーフタイプの日焼け止めもあり、海水浴へと出掛ける際には役立つグッズになることでしょう。

 

 

 

次は、スプレータイプの日焼け止めでオススメのものを紹介します!


 

 

スプレータイプの日焼け止めでおすすめの製品は?

 

 

 

スプレータイプの日焼け止めはどれも1,000円以下とお手頃な価格で販売されていることが多く、お財布に優しいグッズなのが特徴です。

 

薬局やドラッグストアでも気軽に購入でき、毎日の日焼け対策として簡単に取り入れられるようになりました。

 

以下では、おすすめのスプレータイプの日焼け止めをいくつか紹介しているので、選び方の参考にしてみてくださいね。

 

 

アネッサパーフェクトUVスプレー アクアブースター:汗や水に濡れると膜が強くなって効果が高まる新技術を採用している

 

ライオス サンスクリーンスプレー:紫外線吸収剤をシルクカプセルコーティングして作られており、美容成分も豊富で肌に優しい

 

コーセー サンカット 日焼け止め透明スプレー:強力なUVカット効果を持つのにも関わらず、サラサラとした使い心地なのが特徴

 

紫外線予報 メイクを守るUVスプレー:1本当たり1,620円と他の製品よりも高い代わりに、メイクキープ力をそのままに使用できる

 

クターシーラボ UVプロテクトスプレー100:ひんやりとした冷却スプレーで、気温の高い夏場に使用すると気持ちが良い

 

コパトーン 日焼け止めスプレー:「低アレルギー」「パラベンフリー」と敏感肌の人でも安心して使える

 

 

肌へと直接吹きかけるアイテムだからこそ、安全性にこだわった方がいいでしょうね。

 

些細な刺激で肌トラブルを起こす敏感肌の女性は、赤ちゃんや子供でも使えるスプレータイプの日焼け止めを選んでみましょう。

 

 

 

あなたがビビビときた日焼け止めを選んでね!


 

 

スプレータイプの日焼け止めのデメリットに注意!

 

 

 

他の種類の製品にも該当しますが、スプレータイプの日焼け止めにはいくつのデメリットがあります。

 

ですから、デメリットについても一度確認しておきましょう。

 

 

・塗るタイプやパウダータイプの日焼け止めと比較すると効果の持続時間が劣る…

 

・基本的にはボディや頭皮専用のアイテムで、顔には使用できない製品が多い(目の中に成分が入ると危険)。

 

・どのくらいの量に渡ってスプレーすれば良いのか適量を見極めるのが難しい。

 

・肌へとしっかりと塗布できているのかどうか見た目では分かりづらい。

 

・塗りムラをなくすには手で伸ばさなければならず、結局はクリームやジェルと同じように手が汚れる…

 

 

このようなデメリットがあるので、その点を考慮して選んでみてください。

 

最近では、飲むだけで日焼け対策ができる日焼け止めサプリも登場してきました。

 

従来の日焼け止めのデメリットを克服した製品ですので、このようなサプリを使ってみるのもいいでしょうね。

 

 

 

飲むだけで、あの面倒な日焼け対策ができちゃうのはビックリ!日焼け止めサプリとはどんなサプリなのか、こちらで詳しく解説してみました!


2019年版・飲む日焼け止めサプリおすすめランキング!

 

 

関連ページ

日焼け止めの種類別の効果を知れば、賢く対策できる。
日焼け止めって、様々なタイプがあるんですよね。あなたの知らない日焼け止めが、あなたにピッタリかも!
塗布タイプの日焼け止めのデメリットに注意して!
塗るタイプの日焼け止めはよく使われていますが、デメリットを知った上で使わないと大変なことに…
おすすめの日焼け止めグッズ。こんなのもあるとは!
日焼け止めグッズはたくさんあるんです。例えば、こんなの知ってました?
安全性の高い日焼け止めを選ばないと…
塗ればいいってもんじゃない!その理由、お知らせします。
日焼け止めの塗り直しは何回もしたくないよね?
塗り直し、面倒ですよね。面倒な人のための秘策も紹介。
保湿を気にせず日焼け止めを使いたいという望み、叶います。
日焼け止めを使いながら保湿する方法。こんな方法があったとは?
日焼け対策をやりすぎた女の末路は…
日焼けしたくない気持ち、わかりますよ!でもね、こうなってもいいんですか?
全身用の日焼け止めは、これを使うしかない。
全身用なら、これ一択。理由は明白ですよ。
残念!それは間違った日焼け対策の方法です。
間違った思い込みで日焼け対策をすると、残念なことになります。
日焼け対策を始めるタイミング!いつからがベストか、そりゃもう…
日焼け対策を始める時期は?時間はいつから?などという疑問に対する答えがこちら。
ファンデーションは日焼け止め代わりになる?意外な事実が…
ファンデーションと日焼け止めの関係、わかっているようでわかってないかも…
クレンジング剤でも日焼け止めが落ちない?その理由はこれ!
なかなかクレンジング剤で落ちない日焼け止め。その原因はここにありました。
知れば納得、日焼け止めの効果を高める正しい塗り方の全て。
あっ、そうなんだ!日焼け止めの塗り方、間違ってたかも。
日焼け止めを使用する季節は?意外な月からがベスト!
夏からでは遅すぎる!ではいつからがいいののでしょう?それは…
寝る前に必ず落としたい日焼け止め!就寝時につけたままだと…
これを読むと、寝る前には必ず日焼け止めを落としたくなります。
ノンケミカルの日焼け止めを使うメリット!肌に優しいの?
お肌に優しい、ノンケミカル。だけど、メリットばかりじゃないよ。
日焼け止めと虫除けの効果を同時に得られる製品の良さを語る。
夏は日焼けも気になるし、虫に刺されたくもない。両方使うのはちょっと大変だから、いい方法はないの?
日焼け止めの有効期限や使用期限は?古い製品を使うとどうなる?
使い切れなかった日焼け止め。新しいのを買うのはもったいないけど、有効期限ってあるのかな?