日焼けによるシミ対策

日焼けによるシミのメカニズムは?

 

 

 

 

日焼け止め塗って気をつけてるのに、何でシミができるんだろう…って思いません?


 

 

 

日焼けを軽く考えている方は意外と多いものの、火傷の一種なので病気と一緒です。

 

ブツブツと湿疹が形成されたり色素沈着でシミになったりと様々な症状が引き起こされやすく、日焼け対策は念入りに行わなければなりません。

 

そもそも、太陽の紫外線によってどのようなメカニズムでシミが発生するのか見てみましょう。

 

 

1、太陽の光を浴びると紫外線に対する防御反応が起きてメラニン色素が発生する

 

2、メラニン色素の本来の働きは紫外線が肌の奥に入るのをガードしてくれる

 

3、正常な状態であれば肌の生まれ変わりのターンオーバーで自分の役割を終えると角質と一緒に排出される

 

4、紫外線を浴びる量が多かったり新陳代謝が乱れたりしているとメラノサイト(色素細胞)が異常を起こす

 

5、メラニン色素が大量に発生して皮膚の内側に残ったものがユーメラニンとなってシミが形成される

 

 

若い頃は新陳代謝が活性化されているので、特に対策をしなくても自然とメラニン色素は排出されていきます。

 

しかし、老化によってターンオーバーが乱れている方は特に内部へと沈着しやすく、なかなか取れないシミへと変化していくのです。

 

 

日焼けによって引き起こされるシミの種類

 

 

 

日焼けによって引き起こされるシミは以下の2種類に大きく分けられます。

 

 

老人性色素斑(日光黒子)

・シミの原因の中でも最も多い

 

・丸く茶色い形状のシミが40歳前後で気になり始める

 

・最初は薄い茶色でもだんだんと濃くなる

 

光線性花弁状色素斑

・海水浴やプールなど短時間で激しく紫外線に浴びると形成される

 

・20代~30代など比較的若い世代に見られる

 

・肌が炎症を起こして数ヶ月程度経ってからできる

 

 

若い人の肌に形成されるシミは光線性花弁状色素斑がほとんどで、最初は気付きにくいかもしれません。

 

「日焼けで水膨れになる」「日焼け後にヒリヒリと痛くなる」といった方は注意が必要です。

 

 

 

ああ、やだ…この世からシミがなくなればいいのに…


 

 

日焼けによるシミの正しい対策方法をチェック!

 

 

 

このページでは美肌を維持するために、日焼けによるシミの正しい対策方法をまとめてみました。

 

最初は目に見えないような小さなシミでも、何度も紫外線を浴びるとその分だけメラニン色素の量が増えていきます。

 

そうなれば目立ちやすくなるので、どのようなケアを行えば良いのか確認してみてくださいね。

 

 

美白ケアを念入りに行う

 

 

 

日焼けによるシミを防ぐには、美白ケアを念入りに行う必要があります。

 

実際に日焼けしてしまったのであれば患部を冷やし、低刺激の化粧水で潤いを与えてクールダウンしましょう。

 

時間が経過して肌の赤みや炎症がおさまった後に、美白成分が含まれた美容液を肌へと塗布していくのです。

 

 

シミ対策で美容液を使う場合は、以下の成分が配合されているかどうか事前にチェックしましょう。

 

 

・メラニン色素の生成を抑えて新陳代謝を促すアスコルビン酸

 

・メラニンを生成する酵素のチロシナーゼを抑えるアルブチン

 

・メラニンを抑えて肌荒れを予防するトラネキサム酸

 

 

 

肌が喜ぶ成分を与えてスキンケアを行い、新たなシミを作らないことが大事です。

 

 

 

お肌のお手入れはじっくりと、丁寧に!


 

 

美白作用が期待できる飲む日焼け止めは?

日焼けを防ぐだけじゃなく、美白作用まで期待できるなんて。そんな素敵な…

 

 

塗布タイプの日焼け止めを使う

 

 

 

シミへの対策ではなく予防として日焼け止めの使用は効果的で、クリームやジェルといった化粧品はドラッグストアで販売されています。

 

 

SPF⇒紫外線B波(UVB)を防ぐ
PA⇒紫外線A波(UVA)を防ぐ

 

 

日焼け止めには上記のSPF値とPA値が設定されており、数値が高ければ高いほど紫外線をカットする作用が高いのです。

 

何とかしてシミを防ぎたい方は、「数値が高い製品を購入して使おう」と考えるかもしれません。

 

 

しかし、日本で生活を送るに当たっては、SPF15~20、PA+~++程度で十分な効果が期待できるんですね。

 

作用の強い製品には紫外線吸収剤が含まれているので、肌への刺激が強くなります。

 

過剰に塗っていると本来は刺激から守るメラニン色素が全く作られなくなり、逆にシミが形成されやすい状態となるので注意してください。

 

 

 

普段使いなら、あんまり数値が高くない日焼け止めで十分です!


 

 

飲む日焼け止めサプリメントを摂取する

 

 

 

夏場は知らず知らずのうちに太陽の紫外線を浴びているケースが多いので、飲む日焼け止めサプリメントの摂取もオススメの対策です。

 

 

1、決められた量のサプリを毎日摂取する

 

2、抗酸化成分がメラニン色素を抑制する

 

3、肌への沈着を防げるのでシミが作られにくくなる

 

上記のようなメカニズムで身体の内側から効果を発揮し、手軽に行えることで女性から注目を集めている日焼け対策の方法となります。

 

紫外線が直接肌へと侵入するのを防げるわけではありませんが、身体の内側から美肌の維持に繋げられるのがメリット。

 

国産の安全なサプリメントがいくつか発売されているので、試してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

飲む日焼け止めサプリは、全身に効果が及ぶのがいいところ。最新の日焼け対策です!


飲む日焼け止めサプリおすすめランキング<2019年版>Topページへ

関連ページ

老化の防止に役立つ日焼け止め!紫外線をしっかりと防ごう
日焼けでお肌が老化する?日焼け止めで老化が防げるのか、解説します。
日焼け止めが原因のニキビに注意!肌荒れを予防するには?
日焼けもしたくないし、ニキビもいや…そんな場合はこうすればいいんですよ。
乾燥肌の人におすすめの日焼け止めには、こんな特徴があった!
乾燥肌だと、日焼け止めもちゃんと選ばないといけません。ここでは、乾燥肌に合った日焼け止めをご紹介。
花粉症で悩む人でも使える日焼け止めを選んでみました!
つらい花粉症。花粉による肌荒れもある方は、日焼け止めにも注意。どんな日焼け止めがいいかと言うと…
アトピー肌でも使える日焼け止めは?症状は悪化しないの?
日焼けは防ぎたいけど、アトピー肌だから普通の日焼け止めは使えないかも…じゃあ、どんな日焼け止めがいいの?
日焼け止めで炎症やかぶれは起こる?正しい対処法は?
人によっては、日焼け止めを使うことで炎症したり、かぶれたりすることも…その対処法を知れば、一安心。
知ってる?日焼けによる寒気の正しい対処方法。
寒気って日焼けによっても起こる?それは結構要注意。なぜなら…
日焼け止めで肌荒れ!その原因と対策を考える。
日焼け止めもいろんな特徴があって、あなたの目的に合わせて選びましょう。肌荒れしている場合は…