塗る日焼け止めのデメリットを考察

塗布タイプの日焼け止めにはどんなデメリットがある?

 

 

 

 

塗布タイプの日焼け止めは、あなたが知らないデメリットもいっぱい…そのデメリットの解決策も、合わせてお伝えしようと思います!


 

 

 

塗布タイプの日焼け止めと言っても、クリームやローション、ジェルやスプレーなど様々な種類がありますよね。

 

これらを2種類に分類すると、有機化学物質の紫外線吸収剤が含まれた製品と無機粉体の紫外線散乱剤が含まれた製品に分けられ、どちらにもデメリットがあるので注意する必要があります。

 

以下ではどんなデメリットがあるのかまとめているので、一度しっかり確認しておきましょう。

 

 

紫外線吸収剤のデメリット

 

 

 

クリームタイプやジェルタイプの日焼け止めに含まれているのが紫外線吸収剤です。

 

 

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

 

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

 

オキシベンゾン-3

 

ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

 

ジメチルPABAオクチル

 

 

これらの成分が使われており、紫外線を吸収して分子構造を変化させ、紫外線を熱エネルギーに変えて体外へと放出させる効果を持っています。

 

しかし、紫外線を吸収した際に生じる化学反応で、肌へと大きなダメージが加わりやすいのがデメリットです。

 

 

かぶれ
湿疹
吹き出物
痒み
赤み

 

 

上記のような肌トラブルで悩まされやすいと言われています。

 

シミやシワを防ぐために日焼け止めを塗布しているのにも関わらず、別の症状で悩まされていては意味ないですよね。

 

しかも、中には環境ホルモン作用を持つ製品もあり、乳がんや子宮肥大といったリスクもあります。

 

 

汗や水に強いとしても効果の持続時間はそこまで長くないので、小まめに塗り直す必要があります。

 

そして、アレルギー体質や敏感肌の方が紫外線吸収剤を含む日焼け止めを使用すると、トラブルに繋がりやすいというのも難点。

 

 

 

 

もちろん、全ての紫外線吸収剤がNGというわけではないのですが、効力の強さを表すSPF値が高ければ高いほど不快な症状が出やすくなります。

 

SPF値の高い日焼け止めを使い、1日の終わりに綺麗に洗い流さずに放置するのは避けた方が良いでしょうね。

 

 

 

紫外線吸収剤は、思ったよりデメリットがたくさんあるんです…


 

 

このようなデメリットを避けるには…

 

 

 

このようなデメリットがあるのに対して、サプリメントタイプの飲む日焼け止めであれば決められた量のカプセルを摂取するだけなので、肌トラブルが引き起こされにくいというメリットがあります。

 

紫外線吸収剤の害は想像以上に大きいですし、しっかりとケアしているつもりでも塗りムラができることが多いですよね。

 

ですから、サプリタイプの飲む日焼け止めを使ってみるのも、一つの解決策だと思います。

 

 

 

飲む日焼け止めって何?という方は、2019年版・飲む日焼け止めサプリ徹底解説をお読み下さいね。


 

 

 

紫外線散乱剤のデメリット

 

 

 

酸化チタンや酸化亜鉛といった成分を紫外線散乱剤と呼び、乳液タイプやパウダータイプといった塗布型の日焼け止めの中に含まれています。

 

「紫外線吸収剤不使用の日焼け止め」とも呼ばれており、紫外線の吸収ではなく光の反射で外部へと跳ね返してUVケアができる点が特徴

 

肌への影響が少ないので、紫外線吸収剤を使って肌荒れを起こした方が使うことが多いです。

 

 

ただ、紫外線散乱剤を含む製品にも、以下のようなデメリットがあります。

 

 

・原料が白色の粒子なので肌へと塗った際にどうしても白浮きする

 

・酸化チタンを使っている製品は紫外線が当たると逆にシミの原因となる活性酸素を出す性質を持つ

 

汗に弱くて落ちやすく、確かな効果を得るには小まめに塗り直さなければならない

 

・長時間に渡って使っていると肌が乾燥してバリア機能が破壊されやすい

 

低SPFなので紫外線を防ぐ効果自体は低い

 

 

塗布タイプの日焼け止めと言っても紫外線吸収剤と紫外線散乱剤では違いがあり、どちらを使おうか迷っている方は多いかもしれませんね。

 

どちらにしても決められたカプセルを飲み続けるサプリメントとは異なり、定期的な塗り直しが必要でケアが面倒という点では一緒です。

 

それでも、肌への影響を加味するのであれば、刺激的な成分を含まない紫外線散乱剤を使うようにしてくださいね。

 

 

 

個人的には、紫外線散乱剤入りの塗る日焼け止めと、飲む日焼け止めサプリの併用がオススメです!



肌への刺激を気にしなくていい!飲む日焼け止めサプリ、オススメランキング!

 

関連ページ

日焼け止めの種類別の効果を知れば、賢く対策できる。
日焼け止めって、様々なタイプがあるんですよね。あなたの知らない日焼け止めが、あなたにピッタリかも!
おすすめの日焼け止めグッズ。こんなのもあるとは!
日焼け止めグッズはたくさんあるんです。例えば、こんなの知ってました?
安全性の高い日焼け止めを選ばないと…
塗ればいいってもんじゃない!その理由、お知らせします。
日焼け止めの塗り直しは何回もしたくないよね?
塗り直し、面倒ですよね。面倒な人のための秘策も紹介。
保湿を気にせず日焼け止めを使いたいという望み、叶います。
日焼け止めを使いながら保湿する方法。こんな方法があったとは?
日焼け対策をやりすぎた女の末路は…
日焼けしたくない気持ち、わかりますよ!でもね、こうなってもいいんですか?
全身用の日焼け止めは、これを使うしかない。
全身用なら、これ一択。理由は明白ですよ。
残念!それは間違った日焼け対策の方法です。
間違った思い込みで日焼け対策をすると、残念なことになります。
日焼け対策を始めるタイミング!いつからがベストか、そりゃもう…
日焼け対策を始める時期は?時間はいつから?などという疑問に対する答えがこちら。
ファンデーションは日焼け止め代わりになる?意外な事実が…
ファンデーションと日焼け止めの関係、わかっているようでわかってないかも…
クレンジング剤でも日焼け止めが落ちない?その理由はこれ!
なかなかクレンジング剤で落ちない日焼け止め。その原因はここにありました。
知れば納得、日焼け止めの効果を高める正しい塗り方の全て。
あっ、そうなんだ!日焼け止めの塗り方、間違ってたかも。
スプレータイプの日焼け止めのメリットとデメリットを、洗いざらいに告白する。
日焼け止めのスプレータイプ。便利だけどちょっと困った面も。
日焼け止めを使用する季節は?意外な月からがベスト!
夏からでは遅すぎる!ではいつからがいいののでしょう?それは…
寝る前に必ず落としたい日焼け止め!就寝時につけたままだと…
これを読むと、寝る前には必ず日焼け止めを落としたくなります。
ノンケミカルの日焼け止めを使うメリット!肌に優しいの?
お肌に優しい、ノンケミカル。だけど、メリットばかりじゃないよ。
日焼け止めと虫除けの効果を同時に得られる製品の良さを語る。
夏は日焼けも気になるし、虫に刺されたくもない。両方使うのはちょっと大変だから、いい方法はないの?
日焼け止めの有効期限や使用期限は?古い製品を使うとどうなる?
使い切れなかった日焼け止め。新しいのを買うのはもったいないけど、有効期限ってあるのかな?