日焼け止めの知識

ノンケミカルの日焼け止めの特徴は?他の製品との違いは?

 

 

 

 

ノンケミカルの日焼け止めって、何だかお肌にやさしそうですよね。私もよく使っていますが、果たしてどんなメリットがあるのでしょうか?


 

 

 

近年では様々な日焼け止めが実店舗やネット通販で販売されており、その中でもノンケミカルの製品が注目を集めていますよね。

 

日焼け止めはケミカルタイプとノンケミカルタイプの2つに大きく分類されます。

 

それそれ、どんな特徴があるのか簡単に見てみましょう。

 

 

ケミカル(紫外線吸収剤)⇒太陽からの紫外線を吸収して化学反応させて肌の内部へと侵入するのを防ぐ

 

ノンケミカル(紫外線散乱剤)⇒肌の表面で紫外線を反射させ、内部に吸収されないように促す

 

 

こういった違いがあり、ノンケミカルの日焼け止めの中には化学物質の紫外線吸収剤が含まれていません。

 

 

・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

 

・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

 

・メトキシケイヒ酸オクチル

 

・パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

 

・オクチルトリアゾン

 

 

これらは紫外線を吸収する代表的な成分です。

 

「ノンケミカル」「ケミカルフリー」「吸収剤フリー」と記載された日焼け止めには、これらとは別に酸化チタンや酸化亜鉛など別の紫外線散乱剤が入っています。

 

 

ノンケミカルの日焼け止めを使うメリットは?

 

 

 

ノンケミカルタイプでもケミカルタイプでも、日焼け止めを使うことで紫外線によるダメージを守ってくれる点では変わりありません。

 

紫外線から肌を守るメカニズムや仕組みが異なるだけで、日焼けによるシミやシワなどの老化現象を未然に予防できるので女性に欠かせないアイテムなのです。

 

 

しかし、ノンケミカルの日焼け止めにしかないメリットがいくつかあるんです。

 

そこで、他の製品との違いについて詳しく見てみましょう。

 

 

・紫外線吸収剤を含む製品のように肌の表面で化学反応を起こしてアレルギー症状が出るケースが少ない

 

・発ガン性の疑いがある石油系化学物質を含んでおらず、低刺激で肌に優しい

 

・酸化チタンや酸化亜鉛などのミネラル成分で構成されており、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使える

 

・強いクレンジング剤を使わなくても洗顔料や洗顔石鹸を使って簡単に落とせる

 

 

低刺激なので肌に優しく、アフターケアによる負担も少ないことから、肌質が弱い人に人気です。

 

紫外線吸収剤入り日焼け止めやウォータープルーフタイプの日焼け止めを使っていると、以下のようなトラブルを引き起こす方は少なくありません。

 

 

・肌が赤くなってかぶれている

 

湿疹蕁麻疹が形成されている

 

・カサカサと乾燥している

 

かゆみが止まらない

 

 

普段のスキンケア不足も原因の一つなので一概には説明できないものの、紫外線吸収剤を含む製品は紫外線のカット率が高い代わりに肌荒れのリスクが高まります。

 

その点、ノンケミカルの製品であれば安全性が高く、赤ちゃんや子供でも安心して使えるんですね。

 

 

 

毎日使うものですから、安全性には拘りたいところ。ちょっとした拘りの積み重ねが、将来のあなたのお肌の状態を決定します!


 

 

ノンケミカルの日焼け止めで人気の製品は?

 

 

 

ノンケミカルの日焼け止めと言っても様々な種類があり、以下では選び方で押さえておきたいポイントをいくつか挙げてみました。

 

 

・合成香料や防腐剤、着色料やパラベンなどの添加物をなるべく含まない無添加のもの

 

・レジャー時ではなく普段使いの時は紫外線B波を防ぐ効果の大きさを表すSPFの数値が小さいもの

 

・紫外線錯乱剤の粒子がナノ化されていてザラつきが抑えられているもの

 

・「クリームタイプ」「ローションタイプ」など自分が長く使える使用感の良い製品

 

 

得られる効果はもちろんのこと、毎日のスキンケアに取り入れる形となるので使いやすいかどうかも比較のポイントです。

 

「どんな製品を使ってUV対策をすれば良いのか分からない」という方のために、ノンケミカルの日焼け止めで人気の製品を紹介しているので参考にしてみてくださいね。

 

エトヴォス ミネラルUVセラム:日中用として使える美容液で、1日中に渡って柔らかい肌をキープしながら紫外線をカットしてくれる

 

ジョンマスターオーガニック ナチュラルMサンスクリーン:シアバターやホホバオイルを中心とする保湿成分が豊富に入っている

 

ママバター UVケアクリーム:子供から大人まで使えるノンケミカル製品で、合成香料や合成着色料など余計な添加物は排除されている

 

POLAホワイティシモ UVブロックシールドホワイト:日焼け止めの効果を得ながら同時に美白ケアができる女性にとって嬉しいアイテム

 

アクセーヌ マイルドサンシールド:SPFの数値が28とそこまで高くなく、ヒアルロン酸Naやセラミドなどの保湿成分が多い

 

ブルークレール UVラグジュアリーデイクリームII:紫外線に加えて花粉やPM2.5、ブルーライトや近赤外線までブロックしてくれる

 

 

 

長く使い続けるにはコストパフォーマンスも大事。「価格が安いかどうか」「例え高くても負担にならないか」といった点も選び方の目安にしてみましょう!


 

 

安全性が高い代わりにデメリットもある!

 

 

 

「保湿成分も同時に入っている」「クレンジングが不要」「子供や赤ちゃんでも使える」といった点がノンケミカルの日焼け止めのおすすめポイントです。

 

しかし、安全性が高い代わりにデメリットもあるので使用前に確認しておきましょう。

 

 

・肌に優しい代わりに紫外線防御力が低く、海水浴やバーベキューなど長時間に渡って日差しを浴びる時には適さない

 

・UVを防ぐ持続効果が紫外線吸収剤入りの製品よりも短く、1日の中で小まめに塗り直さなければならない

 

・粒子成分が入っている影響で白浮きしやすかったり、肌の上で水分を吸着して乾燥を感じやすかったりと使用感が良くない

 

・日焼け止めによって配合されている成分には違いがあり、ノンケミカルだからといって必ずしも安全だとは限らない

 

 

肌自体が乾燥してしまうデメリットに関しては、日焼け止めの使用前に化粧水や美容液を使ってスキンケアを行うことで解決します。

 

とは言え、白浮きしたり短時間で効果が切れたりする点はどうにもできず、「紫外線が強い季節はケミカルタイプで、普段使いにはノンケミカルタイプ」と上手く使い分けてみてくださいね。

 

 

 

長く使い続けるにはコストパフォーマンスも大事。「価格が安いかどうか」「例え高くても負担にならないか」といった点も選び方の目安にしてみましょう!


 

<2019年最新版>飲む日焼け止めサプリのオススメランキング!

 

関連ページ

日焼け止めで肌荒れ!その原因と対策を考える。
日焼け止めの種類別の効果を知れば、賢く対策できる。
塗布タイプの日焼け止めのデメリットに注意して!
手作りの日焼け止めの作り方。シアバターを使ったものが効果的!
おすすめの日焼け止めグッズ。こんなのもあるとは!
安全性の高い日焼け止めを選ばないと…
日焼け止めの塗り直しは何回もしたくないよね?
保湿を気にしないで日焼け止めを使いたいというあなたの望み、叶います。
あなどれない、頭皮の日焼け対策アレコレ。こんなのもあるの?
こんな食べ物で日焼け対策になるなら、やってみる?
日焼け対策をやりすぎた女の末路は…
服装による日焼け対策は?どんなファッションが良い?
ビタミンによる日焼け対策を地味にやってると、いいことあるのかな?
日焼けでシミができた、と落ち込む暇があるなら、この対策を!
日焼けケアだけ?熱中症対策も一緒にしましょうよ。
これを読むと、サングラスによる日焼け対策を今すぐしたくなる!
全身用の日焼け止めは、これを使うしかない。
エステサロンによる日焼けケア!費用はどのくらい?
残念!それは間違った日焼け対策の方法です。
ウォーキングやランニング時に、この程度の日焼け対策はして欲しい!
日焼けケアに有効な薬は?まあ、薬に頼らないのが一番ですが一応。
日焼け対策を始めるタイミング!いつからがベストか、そりゃもう…
日焼けケアで冷やすにしても、冷やし方があるからね。
日焼けした後のケア!お風呂に入ってもいいけど、これは守って欲しい!
知ってる?日焼けによる寒気の正しい対処方法。
化粧品による日焼けケア!おすすめの製品があるかというと…
オイルで日焼けケアができるなんて…
日焼けしてしまったら、これだけのアフターケアはしておきたい。
日焼け止めで炎症やかぶれは起こる?正しい対処法は?
ファンデーションは日焼け止め代わりになる?あなたの知らない事実が…
クレンジング剤でも日焼け止めが落ちない?それには理由があるんです。
知れば納得、日焼け止めの効果を高める正しい塗り方の全て。
スプレータイプの日焼け止めのメリットとデメリットを、洗いざらいに告白する。
アトピー肌でも使える日焼け止めは?症状は悪化しないの?
花粉症で悩む人でも使える日焼け止めを選んでみました!
乾燥肌の人におすすめの日焼け止めには、こんな特徴があった!
日焼け止めが原因のニキビに注意!肌荒れを予防するには?
日焼け止めを使用する季節は?何月からがベストか、それは意外にも…
寝る前に必ず落としたい日焼け止め!就寝時についているとどうなる?
日焼け止めと虫除けの効果を同時に得られる製品の良さを語る。
日焼け止めの有効期限や使用期限は?古い製品を使うとどうなる?
老化の防止に役立つ日焼け止め!紫外線をしっかりと防ごう