日焼け止めと虫除けの併用はどう?

日焼け止めと虫除けの効果を同時に得られる製品はあるの?

 

 

 

 

蚊などの虫が気になる季節。日焼け止めも塗って、虫除けスプレーも振って…なんて、面倒くさいです…


 

 

 

夏場は太陽からの紫外線に加えて、虫が増えるのがちょっとイヤですよね。

 

公園やバーベキュースポットなど、虫が多い場所に足を運ぶのであれ、日焼け対策はもちらん虫除けも欠かせません。

 

そこで、日焼け止めと虫除けの効果を同時に得られる製品を使用すれば、余分な手間がかからず一石二鳥です。

 

 

日焼け止め効果を持つので紫外線による肌へのダメージを防げる

 

虫除け効果で害虫に刺される心配がなくなる

 

 

この2つの効果が同時に期待でき、一度肌へと使用すれば良いだけなのでラクチンですよね。

 

もちろん、長時間に渡って日差しが強い屋外で過ごす予定であれば、小まめに塗り直した方が良いでしょうね。

 

 

虫除け効果も同時に持つおすすめの日焼け止めは?子供や赤ちゃんでも使える?

 

 

 

以下では、虫除け効果も同時に持つおすすめの日焼け止めスプレーやクリームを、いくつか紹介しています。

 

両方の機能を持った製品はスプレータイプやミストタイプが多く、手足など気になる場所へとシューっと吹きかければ良いだけなので簡単ですよ。

 

子供や赤ちゃんでも使える肌に優しい日焼け止めもあり、選び方の参考にしてみてくださいね。

 

 

アロベビー UV&アウトドアミスト:Amazonや楽天のランキングで上位に位置していて、天然由来成分100%配合なのが特徴

 

ビベッケの全身まるごとサラサラUVスプレー:身体だけではなく頭皮や顔にも使用でき、ハーブの心地良い香りが加えられている

 

パラドゥ バズガードUV:国内最高値のUVカット機能を持ち、水や汗に強いのにも関わらず洗顔石鹸の使用で簡単に落とせる

 

ママバター UVケアクリームアロマイン:天然の保湿成分のシアバターを含み、虫が嫌がるアロマオイルを数種類加えている

 

明色化粧品 リモリモアウトドアUV:「アルコール」「鉱物油」「着色料」を含まず、柔らかいテクスチャーで肌へと馴染みやすい

 

 

日焼け止めと虫除けスプレーの両方を使うのは面倒ですし、2つの効果がセットになった製品の使用がおすすめです。

 

 

日焼け止めと虫除け効果が同時に得られる製品があるんですね~。ついでにダイエット効果もある日焼け止め、ないかしら!


 

 

日焼け止めと虫除けスプレーは併用しても大丈夫?

 

 

 

日焼け止めと虫除けの効果を併せ持つ製品は少ないので、それぞれを別々に使うのも良いでしょう。

 

 

・日焼け止めと虫除けを併用するのは危険

 

・2つを併用するとトラブルの原因となる

 

 

このような噂が流れていますが、基本的には併用したとしても特に問題はありません。

 

オーソドックスな日焼け止めを塗っただけでは虫除け効果は得られないので、薬局やドラッグストアといった場所で販売されている虫除けスプレーを使うのがベストです。

 

しかし、ディートと呼ばれる物質を含む虫除けスプレーは、できれば併用は避けたほうがいいです!

 

海外では、以下のような健康被害が出ているんですね。

 

 

・台湾に済むAさんは日焼け止めとディート入りの虫除けスプレーを併用した

 

・およそ10分後に意識を失ってしまった

 

・日焼け止めの成分とディートが化学反応を起こしたのが原因だと考えられている

 

 

ディート自体が小さな子供や赤ちゃんには良くありませんし、肌トラブルを防ぐためにも製品を購入する前に全成分を確認しておきましょう。

 

 

 

ヒエ~ッ、化学反応おそろしや…何でも一緒に使えばいいってわけじゃないんですね。


 

 

日焼け止めと虫除けスプレーを別々で使う際の正しい順番は?

 

 

 

日焼け止めと虫除けスプレーを別々で使うに当たり、「日焼け止め」⇒「虫除けスプレー」という順番を守らなければなりません。

 

「どちらを先に使っても同じなのではないか?」と考えている方は多いものの、これは効果のメカニズムに理由があるんですね。

 

 

日焼け止め⇒肌の上に膜を張って太陽の紫外線をブロックする

 

虫除けスプレー⇒有効成分を揮発させて虫を寄せ付けないようにする

 

 

このように作用機序が異なり、虫除けスプレーをシューっと吹きかけてから日焼け止めを塗ると成分が揮発せず、本来の効果を得られないのです。

 

また、シートタイプの虫除けアイテムは日焼け止めクリームやジェルをぬぐい取る形となるので、スキンガードや虫よけキンチョールなどのスプレータイプを使いましょう。

 

 

 

あらら、使う順番も決まってるんですね…使っちゃいけない虫除けもあるし、やっぱり併用はなんだか面倒くさいなあ。


 

 

虫除け効果を持つアロマオイル(精油)を使うのもおすすめ!

 

 

 

虫除け効果を得るために、スプレータイプの製品ではなくアロマオイル(精油)を使うのもおすすめです。

 

 

・ゼラニウム
・ラベンダー
・レモンユーカリ
・レモングラス
・シトロネラ

 

 

上記のアロマオイルは虫が嫌がる香りを放ち、動物とは違って天敵から身を守ることができない植物が害虫を防ぐために出していると考えられています。

 

「自分の好きなエッセンシャルオイル」「無水エタノール」「精製水」を全て混ぜ合わせ、スプレー容器の中に入れるだけなので自分で作ることができますよ。

 

もちろん、日焼け止めを塗布した後に使うことができますし、虫除けスプレーを買わずに済むので金銭的なコストを抑えられます。

 

ただし、ハーブの香りは数時間程度で効果が失われてしまうため、虫が近付かないように小まめに吹きかけてくださいね。

 

 

 

日焼け止めと虫除けの併用って、思った以上に面倒ですよね。最近よく見かける「飲む日焼け止めサプリ」なら、そんな面倒なことは考えなくていいから楽ですよ!


 

飲む日焼け止め、品質面も安心な国産サプリはこれ!

 

関連ページ

日焼け止めの種類別の効果を知れば、賢く対策できる。
日焼け止めって、様々なタイプがあるんですよね。あなたの知らない日焼け止めが、あなたにピッタリかも!
塗布タイプの日焼け止めのデメリットに注意して!
塗るタイプの日焼け止めはよく使われていますが、デメリットを知った上で使わないと大変なことに…
おすすめの日焼け止めグッズ。こんなのもあるとは!
日焼け止めグッズはたくさんあるんです。例えば、こんなの知ってました?
安全性の高い日焼け止めを選ばないと…
塗ればいいってもんじゃない!その理由、お知らせします。
日焼け止めの塗り直しは何回もしたくないよね?
塗り直し、面倒ですよね。面倒な人のための秘策も紹介。
保湿を気にせず日焼け止めを使いたいという望み、叶います。
日焼け止めを使いながら保湿する方法。こんな方法があったとは?
日焼け対策をやりすぎた女の末路は…
日焼けしたくない気持ち、わかりますよ!でもね、こうなってもいいんですか?
全身用の日焼け止めは、これを使うしかない。
全身用なら、これ一択。理由は明白ですよ。
残念!それは間違った日焼け対策の方法です。
間違った思い込みで日焼け対策をすると、残念なことになります。
日焼け対策を始めるタイミング!いつからがベストか、そりゃもう…
日焼け対策を始める時期は?時間はいつから?などという疑問に対する答えがこちら。
ファンデーションは日焼け止め代わりになる?意外な事実が…
ファンデーションと日焼け止めの関係、わかっているようでわかってないかも…
クレンジング剤でも日焼け止めが落ちない?その理由はこれ!
なかなかクレンジング剤で落ちない日焼け止め。その原因はここにありました。
知れば納得、日焼け止めの効果を高める正しい塗り方の全て。
あっ、そうなんだ!日焼け止めの塗り方、間違ってたかも。
スプレータイプの日焼け止めのメリットとデメリットを、洗いざらいに告白する。
日焼け止めのスプレータイプ。便利だけどちょっと困った面も。
日焼け止めを使用する季節は?意外な月からがベスト!
夏からでは遅すぎる!ではいつからがいいののでしょう?それは…
寝る前に必ず落としたい日焼け止め!就寝時につけたままだと…
これを読むと、寝る前には必ず日焼け止めを落としたくなります。
ノンケミカルの日焼け止めを使うメリット!肌に優しいの?
お肌に優しい、ノンケミカル。だけど、メリットばかりじゃないよ。
日焼け止めの有効期限や使用期限は?古い製品を使うとどうなる?
使い切れなかった日焼け止め。新しいのを買うのはもったいないけど、有効期限ってあるのかな?