日焼け対策を乾燥肌の方がする場合の注意点は?

乾燥肌はどんな状態を指すの?

 

 

 

 

乾燥肌のことをよく知った上で、日焼け止めを選びたいですよね。以下に書いてあることを、じっくりと読んでみてください!


 

 

 

乾燥肌(ドライスキン)で悩む方は多いですよね。

 

そもそも乾燥肌とは、肌の水分や皮脂が足りずに潤いを感じられない状態を指します。

 

 

1、角質層の水分は皮脂膜天然保湿因子(NMF)で保たれている

 

2、体質やライフスタイルの変化で表面に潤いがなくなる

 

3、乾燥肌へと変化して柔軟性がなくなって脆くなる

 

 

このようなメカニズムになっているんですね。

 

そして、水分量を測って乾燥肌と診断するわけではなく、皮膚所見から乾燥肌かどうかを判断します。

 

 

・顔の頬を中心に肌の表面がカサカサとしている

 

・白く粉を吹いたような状態になる

 

・洗顔した後は肌が突っ張った感じになる

 

かゆみやピリピリとした痛みがある

 

・顔の肌を触ってみるとゴワゴワした感触がある

 

・年齢を重ねるにつれて肌の乾燥が酷くなっている

 

・朝に化粧水や美容液で保湿をしても昼にはカサカサする

 

 

これらの項目に当てはまる人ほど、乾燥肌の可能性が高いです。

 

一度あなたも、自分の肌をチェックしてみましょう。

 

 

乾燥肌の人が日焼けしやすい理由は?

 

 

 

乾燥肌の人は普通肌の人と比べて日焼けしやすく、季節や時期に関わらず念入りなUVケアが必要となってきます。

 

個人の肌質に限らず、紫外線は肌への悪影響が大きいので、日焼け止めを使って対策した方が良いのは間違いありません。

 

しかし、乾燥肌で悩む人は特に、太陽から降り注ぐ紫外線を吸収しやすい特徴があります。

 

その詳しい理由やメカニズムについて、見てみましょう。

 

 

1、人間の肌の表面には潤いを保つ細胞の角質層がある

 

2、角質層は肌のバリア機能の役割を果たしている

 

3、化粧品の添加物や紫外線などの外的刺激から肌を守っている

 

4、乾燥肌の人は角質層が崩れて肌の潤いを保持できない

 

5、外部刺激への抵抗力が減少して紫外線によるダメージが大きくなる

 

6、コラーゲンやセラミドなど肌内部の保湿成分が減少する

 

 

紫外線によるシワやシミなどのトラブルに加えて、更に肌の乾燥が進行しやすくなってしまいます。

 

ですから、紫外線の影響を受けにくくするためにも、日焼け対策は必須の対策といえるでしょう。

 

 

 

何で乾燥肌なんかに生まれてきたんだろう…しっかりUV対策しなきゃ。


 

 

乾燥肌の人におすすめの日焼け止めは?

 

 

 

市販されている日焼け止めにはいくつかの種類があり、製品によってどんな肌質の人に適しているのか、異なります。

 

 

ジェルタイプ⇒付け心地を重視している人におすすめ

 

ミルクタイプ⇒肌に負担が加わらないので乾燥肌の人におすすめ

 

クリームタイプ⇒絶対に肌を焼きたくない人におすすめ

 

パウダータイプ⇒肌に優しく敏感肌の人におすすめ

 

 

上記のように、乾燥肌で悩む人にはミルクタイプの日焼け止めがピッタリで、日常的に使うことで肌へとハリを出してシミを予防できるのです。

 

ミルクタイプに加えてオーガニックに拘った製品であれば、肌への刺激を抑えながら紫外線のダメージから守ってくれます。

 

具体的に、どんな日焼け止めを毎日のスキンケアとして取り入れれば良いのか、見てみましょう。

 

 

ユースキンS UVミルク:SPFやPAの数値が低いので肌に優しく、乾燥肌や敏感肌で悩む方におすすめ

 

資生堂 薬用サンプロテクトEX ミルクジェル:汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプで幅広いシーンで活躍する

 

花王ビオレ さらさらUVパーフェクトミルク:紫外線から肌を守りながら塗った後も素肌のような触り心地が魅力的

 

ノブ UVシールドEX:刺激の強い紫外線吸収剤は不使用で、乾燥を感じないしっとりとした状態へと仕上げる

 

OKADA 岡田UVミルク:シリコンやポリマーを含まない無添加の日焼け止めで、石鹸を使って綺麗に落とせる

 

 

同じミルクタイプでも、製品によって使われている成分や使い心地には違いがあります。

 

実際に塗布して使用感を確かめてから、長期間に渡って使う日焼け止めを選ぶのがポイント。

 

 

 

乾燥肌でも諦めないで!いい日焼け止めがありますからね。


 

 

乾燥肌の人は日焼け止めの前に保湿ケアをしよう

 

 

 

日焼け止めを使うのも、順番があります。

 

「洗顔」⇒「化粧水」⇒「美容液」⇒「日焼け止め」⇒「化粧下地」⇒「ファンデーション」という順番がいいでしょう

 

そのまま肌へと塗布している方は多いものの、保湿ケアを行うことで肌が乾燥しにくくなります。

 

乾燥肌の人はただでさえカサカサとした状態になりやすいので、日焼け止めの前の保湿ケアが大事なんですね。

 

 

・できる限り洗浄力が弱い洗顔料を使って顔の汚れを落とす

 

・潤い成分が含まれた化粧水や保湿成分の多い美容液を使ってスキンケアを行う

 

・美容成分の多いミルクタイプの日焼け止めを使う

 

 

上記の3点に気を配っていれば、肌の乾燥で悩むことなく毎日の生活でUV対策を取り入れられます。

 

 

保湿を気にせず日焼け止めを使いたい!

日焼け止めを使うなら、保湿も気になるところです。ただ、最近は便利な日焼け止めも出ているんですよ。

 

 

 

また、潤い成分がしっかりと肌へと行き渡るように、化粧水や美容液を使って5分間程度が経過してから日焼け止めを塗り始めるのがポイントです。

 

肌を保湿しておけば、日焼け止めの中に含まれている紫外線吸収剤や紫外線散乱剤による肌の乾燥を防ぐことができ、乾燥肌が悪化せずに済むので試してみてくださいね。

 

 

 

乾燥肌の方も使える、飲む日焼け止めサプリなんかもいいですね。


 

日焼け止めサプリって何なの?

 

 

関連ページ

老化の防止に役立つ日焼け止め!紫外線をしっかりと防ごう
日焼けでお肌が老化する?日焼け止めで老化が防げるのか、解説します。
日焼け止めが原因のニキビに注意!肌荒れを予防するには?
日焼けもしたくないし、ニキビもいや…そんな場合はこうすればいいんですよ。
花粉症で悩む人でも使える日焼け止めを選んでみました!
つらい花粉症。花粉による肌荒れもある方は、日焼け止めにも注意。どんな日焼け止めがいいかと言うと…
アトピー肌でも使える日焼け止めは?症状は悪化しないの?
日焼けは防ぎたいけど、アトピー肌だから普通の日焼け止めは使えないかも…じゃあ、どんな日焼け止めがいいの?
日焼け止めで炎症やかぶれは起こる?正しい対処法は?
人によっては、日焼け止めを使うことで炎症したり、かぶれたりすることも…その対処法を知れば、一安心。
知ってる?日焼けによる寒気の正しい対処方法。
寒気って日焼けによっても起こる?それは結構要注意。なぜなら…
日焼けでシミができた、と落ち込む暇があるなら、この対策を!
鏡を見るたび、シミが目について嫌になっちゃう…それならシミ対策をしましょう!
日焼け止めで肌荒れ!その原因と対策を考える。
日焼け止めもいろんな特徴があって、あなたの目的に合わせて選びましょう。肌荒れしている場合は…