日焼け止めの知識・服装編

服装による日焼け対策は?おすすめのファッションは?

 

 

 

 

服装のちょっとした工夫で日焼け対策できるなら、やらなきゃ損!


 

 

 

服装による日焼け対策は、どの年齢の女性でも簡単に取り入れられます。

 

太陽が出ている日中に一切外出しなければ紫外線を浴びることはありませんが、そんなことは大人でも子供でも現実的に不可能です。

 

そんな時に適しているのが服装のチョイスで、近年ではファッション性に拘りながら同時に日焼け対策が可能なアイテムが数多く登場しました。

 

 

slip(長袖を着る)

 

slap(帽子を被る)

 

slop(日焼け止めを塗る)

 

wrap(サングラスをかける)

 

 

皮膚ガンの発症率が高いオーストラリアでは、上記の運動で子供の頃から欠かさずに日焼け対策が実施されているんです。

 

そして日本でも、美肌を維持したいと考える女性を中心に浸透してきました。

 

そこで、どんな服装を着用すれば良いのか以下で紹介しているので、毎日のファッションの中に取り入れてみましょう。

 

 

UVカットの加工がされた衣服

 

 

 

単純に長袖を着用するだけではなく、UVカットの加工がされた衣服を選ぶのは効果的な日焼け対策です。

 

様々なブランドからデザイン性を重視した洋服が販売されており、日焼け止めを塗らなくても着るだけで済みます。

 

 

カーボン
セラミック
チタン
紫外線吸収剤

 

 

これらの素材を繊維製造時に練り込んだり、製品や生地に付着させたりして製造されているのが特徴です。

 

長袖の服装でも紫外線が貫通して肌へと届き、汗をかきながら我慢していてもあまり意味がありません。

 

 

その点、UVカット加工がされた素材を使ったカーディガンやパーカーであれば、紫外線をシャットアウトしてくれます。

 

また、涼しくてサラっとした着心地の衣服も登場しているので、蒸し暑さも解消されます。

 

ただし、衣類の生地へと素材を付着させて製造しているものは、洗濯機で洗濯するごとに成分が剥がれて効果が落ちていくので注意してくださいね。

 

 

 

買う時に、UVカット加工されているものかどうか確かめて買ってくださいね。


 

 

洋服の色や素材にも着目する

 

 

 

UVカット加工がなされていなくても、洋服の色や素材に着目して選んでいれば自然と日焼け対策に繋がります。

 

濃い色の方が紫外線を通しにくく、透過を抑えられる順番を見ていきましょう。

 

 

黒色
青色
ターキス
黄色
ピンク
オレンジ
白色

 

 

意外だと思うかもしれませんが、黒い衣服が最も紫外線を通しにくいのが特徴で、生地が厚く目のつまった織り方であれば更に効果は高くなります。

 

また、衣類の素材によっても変化し、ポリエステルやビニロンが特におすすめです。

 

ポリエステルで作られた衣服は多いものの、通気性が悪くて夏場に着用して汗をかくと嫌な臭いの原因となってしまいます。

 

ですから、そのような場合は「ポリエステル+綿」の混紡素材を選びましょう。

 

 

 

「混紡素材」ですよ!「こん棒」素材じゃありませんよ!(言っちゃった…)


 

 

帽子を着用する

 

 

 

キャップでもハットでも帽子は手軽に始められる日焼け対策の一つです。

 

帽子の着用で頭皮や髪の毛の日焼けによるダメージを防ぐことができ、ヒリヒリ感や抜け毛で悩まされずに済みます。

 

 

肌への日焼け対策は念入りに行っていても、頭皮や髪の毛を疎かにしている女性は意外と多いですよね。

 

頭皮や髪の毛をカバーするなら、やはり帽子がピッタリです。

 

 

以下では、日焼け対策で帽子を着用する際にどんな選び方が正しいのか、まとめてみました。

 

 

・約90%の紫外線をカットしてくれる黒がベース(白は約30%強しかカットできない)

 

ツバが7㎝以上ある大きめの麦わら帽子(後頭部も覆ってくれる)

 

・光が通りにくい生地の目の細かい帽子

 

・光や蒸れを防ぐためにサンバイザーを着用するのも選択肢の一つ

 

 

頭皮も顔の肌と一緒なので、日焼け止めを塗ったとしても特に問題ありません。

 

しかし、毛穴の中に詰まって髪の毛の成長が阻害され、抜け毛や薄毛に繋がる恐れがあるので、日焼け止めよりも帽子のほうが夏場には適しています。

 

 

 

頭皮の日焼け防止のために、「帽子」を被りましょう!(また言っちゃった…)


 

 

衣類用のUVカットスプレーを使う

 

 

 

夏場でも自分の好きなデザインの衣服を着用したい人は、衣類用のUVカットスプレーを使ってみましょう。

 

頭皮や髪の毛に使うタイプのUVカットスプレーと同じように、衣類用の製品もドラッグストアやネット通販ではいくつか販売されています。

 

衣類用UVカットスプレー

バイヤーズ株式会社の「衣類用UVカット&色あせ防止スプレー」:洋服の変色も同時に防げる

 

KAWAGUCHIの「紫外線カットスプレー」:綿素材の洋服では99%もカットしてくれる

 

ヒューマンシステムの「UV・撥水シャットアウト」:洗濯の耐久性が高く3回~5回洗っても効果が落ちない

 

 

これらの製品を外出前にシューっと吹きかけるだけなので簡単です。

 

 

服装に加えて身体の内側からの対策が効果的

 

以上のように服装に気を配ることで簡単に日焼け対策ができます。

 

とは言え、衣服だけでは紫外線対策として少々心許ないので、サプリメントを使って身体の内側からの対策も同時に行うのが効果的です。

 

 

・毎日のファッションで外側からの紫外線をカットする

 

サプリメントで紫外線のダメージを減らす成分を摂取する

 

 

複数の方法を組み合わせるのが効果的な対策となります。

 

 

 

飲む日焼け止めサプリってすごく便利なんですよ。こちらのページに飲む日焼け止めの魅力を紹介しておきましたので、ご覧くださいね!