日焼け止めと保湿の関係

日焼け止めに保湿は必須なの?

 

 

 

 

普通は、日焼け止めを使う際には保湿を考える必要がありますよね。普通は…


 

 

 

「日焼け止めを使うのに、保湿も気にしなきゃ…」というあなた。

 

 

市販されている日焼け止めは紫外線吸収剤紫外線散乱剤の2種類の成分で構成されています。

 

この2種類の成分は肌を乾燥させる特徴があるため、保湿ケアのことも考える必要がありますよね。

 

 

秋から冬にかけての季節は特に肌がカサカサとしやすく、一時的にバリア機能が低下しやすいので、日焼け止めを塗ることだけに意識するのではなく保湿にも着目すべきです。

 

そこで、乾燥肌や敏感肌の方は以下のような保湿成分が含まれた日焼け止めを使いましょう。

 

 

ヒアルロン酸:注射やサプリメントとして使われていて高い水分保持力を持つ

 

コラーゲン:肌を保湿しながら表皮の新陳代謝をスムーズにして健康を保つ

 

セラミド:私たちの肌に存在していて肌に潤いを与えながら水分量を増やす

 

ローヤルゼリーエキス:肌の保湿性を高めながら抗菌作用も同時に持つ

 

アルニカエキス:フラボノイドなどの抗酸化物質を含み保湿や血行促進の効果を持つ

 

ナノオリザノール:保湿以外にもシミやそばかすを防ぐ美白効果が期待できる

 

 

紫外線をカットすればOKというわけではなく、保湿成分や美白成分を同時に含む日焼け止めを使っていれば、肌をより良い状態で維持できます。

 

近年では、紫外線吸収剤フリーのクリームやジェルも増えてきています。

 

 

 

添加物にも着目して、自分の肌質に合った日焼け止めを使ってくださいね。


 

 

肌を保湿した後に日焼け止めを塗ろう

 

 

 

どの日焼け止めを使ってUV対策を行う場合も、肌を保湿した後に塗るのが適しています。

 

最初に化粧水や乳液を塗布して肌へと浸透するのを待ち、保湿できた後の最後のスキンケアとして日焼け止めを塗るのが正しい使い方です。

 

 

日焼け止め自体が肌を乾燥させる作用がありますし、保湿成分の少ない製品を使う場合は特に、最初の化粧水や乳液によるスキンケアを入念に行った方が良いでしょう。

 

また、以下では顔に使用する際のコツをいくつか挙げてみました。

 

 

500円玉くらいの大きさを手に取り、足りない場合は少しずつ追加していく

 

・効果を最大限に活かすために肌へとムラなく伸ばしていく

 

・肌への刺激を少しでも抑えるためにゴシゴシと擦って塗布しない

 

・外出する直前ではなく20分~30分前に余裕をもって塗布する

 

 

日焼け止めは塗り方によって効果が左右すると言っても過言ではありません。

 

ですから、正しい方法で紫外線によるダメージから守ってくださいね。

 

 

 

ここからは、今までとは違う日焼け止めをご紹介します!保湿も楽になるかも…


 

 

保湿成分が含まれた飲む日焼け止めを使おう

 

 

 

クリームやジェルだけではなく、飲む日焼け止めサプリの中にも保湿成分が含まれた製品があります。

 

飲む日焼け止めとして販売されている製品の中にはニュートロックスサンが入っており、シミやシワの原因となる活性酸素をコントロールしてくれるのが大きな特徴です。

 

 

しかし、ニュートロックスサンだけではなく、その他の美容成分もバランス良く配合してお肌の総合的なケアができるサプリメントが現在では増えました。

 

当サイトでは数々の雑誌でも注目を集めるホワイトヴェールをご紹介しており、どんな保湿成分や美容成分が含まれているのか見てみましょう。

 

 

 

 

・皮膚の滑らかさや保湿を保つ働きを持ったザクロエキス

 

・アミノ酸などの美容成分が豊富に含まれたメロンプラセンタ

 

・肌にハリと潤いを与えるアンチエイジング素材のACGコンプレックス

 

 

1日に2粒~4粒を目安に飲むだけで有効成分が体内へと行き渡ります。

 

ホワイトヴェールで日焼け止め対策を行うと、サプリを飲むだけで日焼け止め対策と保湿対策の両方をいっぺんに行えるので、お手軽ですよね。

 

あなたも、身体の内側からスキンケアを行ってみてください。

 

 

 

お肌のお手入れが、こんなに楽になるなんて…


 

 

返金保証!ホワイトヴェールはこちら▼

飲む日焼け止め【WHITE VEIL〜ホワイトヴェール〜】

 


日焼け止めサプリメント、厳選ベスト3はこれ!