日焼け止めで肌荒れする原因は?

日焼け止めの使用による肌荒れの原因は?

 

 

 

 

お肌を守るために日焼け止めを塗ってるのに、その日焼け止めで肌荒れしてしまうなんて…


 

 

 

日差しの強い夏場に欠かせないグッズが日焼け止め。

 

でも、毎日のように使用していて肌荒れや肌トラブルが引き起こされたというケースは少なくありません。

 

 

顔が膨れてむくむ
肌が赤くなる
肌がカサカサと乾燥する
ヒリヒリと痛くなる
かぶれて痒くなる
ニキビや吹き出物ができる

 

 

このような症状で悩まされやすくいです。

 

では、なぜ日焼け止めで肌荒れしてしまうのか、その原因を見ていきましょう。

 

 

作用の強い紫外線吸収剤タイプの製品を使っている

 

 

 

日焼け止めによる肌荒れは、作用の強い紫外線吸収剤タイプの製品を使っているのが大きな原因です。

 

多くの日焼け止めに配合されている成分が紫外線吸収剤で、以下のような働きがあります。

 

 

・UV-AやUV-Bといった紫外線を吸収する

 

熱などのエネルギーに変換して皮膚の細胞に紫外線が浸透するのを防ぐ

 

 

代表的な紫外線吸収剤としてはメトキシケイヒ酸オクチルやオクチルトリアゾン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルが挙げられます。

 

これらの成分を含んでいると、肌への乗りが良くなって強い効果を発揮してくれるのです。

 

その代わりにたくさんの化学薬剤で構成されているので刺激が強く、毎日のように塗布していると肌荒れが引き起こされやすくなるんですね。

 

 

作用の強さを表す指標となるのがUV-Bを防ぐ目安で用いられるSPFや、肌のダメージの防止効果を表すPAで、「SPF50」「PA++++」という日焼け止めは効果抜群です。

 

 

 

 

しかし、この日焼け止めを塗った方が良い場所は赤道直下くらいで、日本で生活している分には全く必要ありません。

 

1日や2日程度であればまだしも、使用期間が長ければ長いほど刺激が積み重なってしまいます。

 

また、製品によっては合成界面活性剤やアルコールといった成分も多く含まれています。

 

 

・SPFやPAの数値が低い製品を選択する

 

・紫外線吸収剤を含まないノンケミカルの製品を使う

 

・酸化チタンなど紫外線散乱剤が入っている

 

 

肌荒れで悩みやすい方は、上記の目安に従って日焼け止めを選んでUV対策を行ってみてくださいね。

 

 

 

SPFの数値が高ければいい、っていう訳じゃないんですね。あなたのお肌に合わせた選択を!


 

 

ノンケミカルの日焼け止めで、お肌を守ろう
やっぱりお肌のことを考えたら、ノンケミカルの日焼け止めがいいかも。ただ、デメリットもあるので注意してね。

 

 

肌が弱くて敏感肌になっている

 

 

 

肌が弱くて敏感肌になっているのも日焼け止めで肌荒れを起こす原因の一つです。

 

 

加齢による老化やストレスといった理由で肌の代謝機能が低下し、バリア機能や潤い保持能力が衰えた状態を敏感肌と呼びます。

 

 

このような状態は、外的な刺激を受けやすくなっています。

 

ですから、穏やかな作用が期待できる日焼け止めを使っていても、赤みや痒みなど様々な肌荒れに繋がりやすいんですね。

 

普通肌の人にとっては何でもないような刺激だったとしても、敏感肌の人は肌トラブルを起こしやすいというケースは決して珍しくありません。

 

 

そこで、些細な刺激による肌荒れを防ぐためにも、以下では敏感肌の人におすすめの対策をまとめてみました。

 

 

・肌を構成する動物性タンパク質や植物性タンパク質をバランス良く摂取する

 

・肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促すビタミンAやビタミンCを摂取する

 

・肌の老化を引き起こす活性酸素を増やさないために便秘を解消する

 

ヒアルロン酸やセラミドなど保湿成分を含む化粧品で徹底的に乾燥対策を行う

 

・1回でも肌トラブルを起こしたスキンケア用品は使わない

 

 

敏感肌は春や秋の花粉にも敏感に反応しやすいという特徴があり、日焼け止めだけではなく毎日のスキンケア用品の選び方にも注意しましょうね。

 

 

 

敏感肌は、丁寧なお肌のケアが必要。面倒でも、やったほうがいいですよ!


 

 

日焼け止めをしっかりと洗い流していない

 

 

 

顔や手足など紫外線が当たる部分に日焼け止めを塗布し、1日の終わりにしっかりと洗い流せていないと肌荒れを引き起こす原因となります。

 

優しい成分で構成されていても肌にとって不要な存在という点ではどの製品も一緒で、そのまま残されていれば刺激が加わりやすいのです。

 

首元は特に洗い残しが発生しやすく、肌荒れを未然に防ぐためにも洗顔やクレンジングで丁寧に日焼け止めの成分を落とすように心掛けてください。

 

 

 

落ちにくい日焼け止め、ありますよね~。自分ではちゃんと落としたつもりでも、実はお肌に残っていることも多いんですよ。


 

 

飲む日焼け止めであれば肌荒れのリスクが低い

 

 

 

クリームやジェルなどの日焼け止めは、上記で説明した理由で肌荒れや肌トラブルが引き起こされやすくなります。

 

その点、サプリメントとして販売されている飲む日焼け止めであれば肌に塗布する必要はなく、肌荒れのリスクが限りなく低いというメリットがあるんですね。

 

 

・紫外線吸収剤を含む日焼け止めを塗らずに済む!

 

・日焼け止めを落とす際に使うクレンジングで肌に負担をかけずに済む!

 

・毎日決められた量を継続して飲み続けるだけで良い!

 

 

このようなメリットが飲む日焼け止めにはあるので、サプリメントでUV対策を始める女性が増えてきているんです。

 

まだ試したことがない方は、実際にどのくらいUV対策ができるのか、試してみるといいでしょうね。

 

 

 

飲むだけでUV対策ができるって、すごくないですか?コチラの記事に飲む日焼け止めサプリの特集記事を載せていますので、参考にしてくださいね!



国産で安心の飲む日焼け止めサプリ、オススメランキングはこちら!

 

 

関連ページ

老化の防止に役立つ日焼け止め!紫外線をしっかりと防ごう
日焼けでお肌が老化する?日焼け止めで老化が防げるのか、解説します。
日焼け止めが原因のニキビに注意!肌荒れを予防するには?
日焼けもしたくないし、ニキビもいや…そんな場合はこうすればいいんですよ。
乾燥肌の人におすすめの日焼け止めには、こんな特徴があった!
乾燥肌だと、日焼け止めもちゃんと選ばないといけません。ここでは、乾燥肌に合った日焼け止めをご紹介。
花粉症で悩む人でも使える日焼け止めを選んでみました!
つらい花粉症。花粉による肌荒れもある方は、日焼け止めにも注意。どんな日焼け止めがいいかと言うと…
アトピー肌でも使える日焼け止めは?症状は悪化しないの?
日焼けは防ぎたいけど、アトピー肌だから普通の日焼け止めは使えないかも…じゃあ、どんな日焼け止めがいいの?
日焼け止めで炎症やかぶれは起こる?正しい対処法は?
人によっては、日焼け止めを使うことで炎症したり、かぶれたりすることも…その対処法を知れば、一安心。
知ってる?日焼けによる寒気の正しい対処方法。
寒気って日焼けによっても起こる?それは結構要注意。なぜなら…
日焼けでシミができた、と落ち込む暇があるなら、この対策を!
鏡を見るたび、シミが目について嫌になっちゃう…それならシミ対策をしましょう!