ファンデーションで日焼けを防ぐ。

ファンデーションは日焼け止め代わりになるの?

 

 

 

ファンデーションが日焼け止めの代わりになれば、わざわざ日焼け止めクリームを塗らなくいていいから楽ですよね。


 

 

 

ファンデーションとは、シミやそばかす、毛穴や小じわといった肌の悩みを覆い隠して整える働きを持つ基礎化粧品の一つです。

 

女性にとって欠かせないアイテムで、ほとんどの人がファンデーションを使っているのではないでしょうか。

 

 

実はファンデーションは紫外線のカット効果が期待でき、肌へと負担をかけずに日焼け対策を行いたい方に適しています。

 

完全に日焼け止めの代わりになるわけではありませんが、なぜ紫外線をカットできるのか、まとめてみました。

 

 

肌への密着性が高いので紫外線を内部へと通さない!

 

パウダータイプは色粉が光を跳ね返してくれる!

 

・紫外線散乱剤と同じ酸化チタンやタルクが含まれている!

 

 

SPFの表示がなくても、ファンデーションやフェイスパウダーを塗布すれば紫外線を効率良くカットしてくれます。

 

徹底的に紫外線対策をしたいのであれば、紫外線吸収剤を含む日焼け止めを使うのが良いかもしれません。

 

しかし、SPFの数値が高いと肌への刺激も同時に強くなり、乾燥肌や敏感肌の女性にとっては負担になりやすいので注意してくださいね。

 

 

 

お肌への負担を減らして紫外線対策をしたい方に向いています!


 

 

日焼け対策に繋がるファンデーションの種類は?

 

 

 

ファンデーションといっても、様々な種類がありますよね。

 

以下では、日焼け対策に繋がるファンデーションをいくつか挙げてみました。

 

 

パウダーファンデーション:紫外線散乱剤と同じ働きを持つ成分で日常生活の日焼け対策であれば十分に補ってくれる

 

フェイスパウダー(粉おしろい):紫外線を跳ね返す効果を持つが、汗をかくと崩れやすいので注意

 

リキッドファンデーション:顔料の密度が低くて時間の経過で効果は下がるが、ある程度は紫外線をカットしてくれる

 

クリームファンデーション:パウダータイプよりも効果は低いが、保湿作用が高いので乾燥対策に繋がる

 

 

これらの中でも、パウダーファンデーションが高いUVカット効果を発揮してくれます。

 

軽く伸びてサラリとした感触なので非常に使いやすく、メイクが苦手な女性でも綺麗に仕上げられるのがメリットです。

 

 

肌への刺激となる乳化剤が含まれておらず、防腐剤も入っていません。

 

ですから、肌へと負担を加えずに日焼け対策をしたい方は、パウダーファンデーションを使いましょう!

 

 

 

お肌への刺激も少なくUVカット効果も高いなんて…!


 

 

日焼け対策によるファンデーションの正しい使い方

 

 

 

ファンデーションで日焼け対策を行うに当たって、他の基礎化粧品と同じように正しい使い方があります。

 

間違った使い方では本来のUVカット効果が得られないので、一度確認しておいてくださいね。

 

 

1、まず洗顔をして肌を綺麗な状態で保つ

 

2、化粧水を使って肌へと満遍なく潤いを与える

 

3、乾燥しやすい目元や口元にはクリームで油分をプラスする

 

4、10分間程度時間を置いた後にパウダーファンデーションを馴染ませる

 

 

「洗顔」⇒「化粧水」⇒「クリーム」⇒「パウダーファンデーション」と肌に使っていきます。

 

ほお骨部分は特に紫外線による悪影響を受けやすく、シミになりやすいので念のために二度塗りしたほうがいいでしょうね。

 

 

 

正しい使い方で、最大の効果を出しましょう!


 

 

日焼け止めとファンデーションの重ね塗りは効果があるの?

 

 

 

「日焼け止めとファンデーションを重ね塗りすれば、UVカット効果が上がるんじゃない?」と、思う方もいるのではないでしょうか?

 

 

 

えっ!私もそう思ってたんですけど、違うんですか?


 

 

しかし、複数の化粧品を重ね塗りしても、紫外線をカットするSPF値はアップしないんです。

 

 

SPF値が30の日焼け止め
SPF値が27のファンデーション
SPF値が20の仕上げ用パウダー

 

 

この3種類を使ってもトータルで77の効果を得られるわけではなく、一番高い商品のSPF値の効果しか期待できないんですね。

 

つまり、上記の場合ではSPF値が30の日焼け止めのままで、より日焼けを抑えられるわけではありません。

 

ファンデーションであればまだしも、2種類の日焼け止めの重ね塗りは肌への負担が大きいのでなるべく避けましょう。

 

 

 

そうだったんですね…塗れば塗るほどいいってわけじゃないんだ。


 

 

ファンデーションと飲む日焼け止めの併用は効果的

 

 

 

肌荒れしやすい肌質の女性には、ファンデーションと飲む日焼け止めサプリの併用が効果的です。

 

パウダーファンデーションにはUVカット作用がありますし、同時に飲む日焼け止めサプリで身体の内側からも対策していれば、塗布タイプに負けない効果が得られるんす。

 

お肌への負担も少なくなりますので、日焼け止めサプリをまだ試していないなら、一度試してみてくださいね。

 

 

 

飲む日焼け止めサプリって何?という方は、こちらで説明していますので、読んでみて下さいね!


日焼け止めサプリ(2019年版)、安心して飲めるのはどれ?

 

 

関連ページ

日焼け止めの種類別の効果を知れば、賢く対策できる。
日焼け止めって、様々なタイプがあるんですよね。あなたの知らない日焼け止めが、あなたにピッタリかも!
塗布タイプの日焼け止めのデメリットに注意して!
塗るタイプの日焼け止めはよく使われていますが、デメリットを知った上で使わないと大変なことに…
おすすめの日焼け止めグッズ。こんなのもあるとは!
日焼け止めグッズはたくさんあるんです。例えば、こんなの知ってました?
安全性の高い日焼け止めを選ばないと…
塗ればいいってもんじゃない!その理由、お知らせします。
日焼け止めの塗り直しは何回もしたくないよね?
塗り直し、面倒ですよね。面倒な人のための秘策も紹介。
保湿を気にせず日焼け止めを使いたいという望み、叶います。
日焼け止めを使いながら保湿する方法。こんな方法があったとは?
日焼け対策をやりすぎた女の末路は…
日焼けしたくない気持ち、わかりますよ!でもね、こうなってもいいんですか?
全身用の日焼け止めは、これを使うしかない。
全身用なら、これ一択。理由は明白ですよ。
残念!それは間違った日焼け対策の方法です。
間違った思い込みで日焼け対策をすると、残念なことになります。
日焼け対策を始めるタイミング!いつからがベストか、そりゃもう…
日焼け対策を始める時期は?時間はいつから?などという疑問に対する答えがこちら。
クレンジング剤でも日焼け止めが落ちない?その理由はこれ!
なかなかクレンジング剤で落ちない日焼け止め。その原因はここにありました。
知れば納得、日焼け止めの効果を高める正しい塗り方の全て。
あっ、そうなんだ!日焼け止めの塗り方、間違ってたかも。
スプレータイプの日焼け止めのメリットとデメリットを、洗いざらいに告白する。
日焼け止めのスプレータイプ。便利だけどちょっと困った面も。
日焼け止めを使用する季節は?意外な月からがベスト!
夏からでは遅すぎる!ではいつからがいいののでしょう?それは…
寝る前に必ず落としたい日焼け止め!就寝時につけたままだと…
これを読むと、寝る前には必ず日焼け止めを落としたくなります。
ノンケミカルの日焼け止めを使うメリット!肌に優しいの?
お肌に優しい、ノンケミカル。だけど、メリットばかりじゃないよ。
日焼け止めと虫除けの効果を同時に得られる製品の良さを語る。
夏は日焼けも気になるし、虫に刺されたくもない。両方使うのはちょっと大変だから、いい方法はないの?
日焼け止めの有効期限や使用期限は?古い製品を使うとどうなる?
使い切れなかった日焼け止め。新しいのを買うのはもったいないけど、有効期限ってあるのかな?