日焼け止めの有効期限はというと…

日焼け止めの有効期限や使用期限はどのくらいなの?

 

 

日焼け止め、使い切れないで残っちゃうことってありますよね。

 

余った日焼け止めって次のシーズンも使えるのか、未開封ならもっと長持ちするのか、悩んだことありませんか?


 

 

夏場から秋頃にかけてしか日焼け止めを使わない、という方は少なくありません。

 

 

・日焼け止めの有効期限使用期限は長いの?

 

1年前の製品はそのまま使っても大丈夫?

 

未開封だから今年に使っても効果は変わらない?

 

 

このような疑問を抱えている方は多いことでしょうね。

 

どのくらいの期間に渡って使えるのかは日焼け止めによって異なるので、一概には説明できません。

 

その種類によって、以下のように目安が異なります。

 

 

・乳液タイプやジェルタイプ:未開封は3年以内で、開封後は1年以内(ワンシーズン)

 

・煙や霧のエアゾールタイプ:ちゃんと保管しておけば、未開封でも開封後でも製造日から3年以内

 

・無添加の日焼け止め:未開封で1年以内で、開封後は半年間と短い

 

 

オーソドックスな乳液タイプやジェルタイプの日焼け止めの場合、基本的にはワンシーズン(1年)で使い切るのが望ましいです。

 

エアゾールタイプやスプレータイプの製品は劣化しにくく、1年前の日焼け止めを使っても特に問題はありません。

 

 

有効期限や使用期限は防腐剤を含んでいるかどうかがポイント

 

 

 

しっかり保管できていたなら、1年前の日焼け止めを使っても大丈夫ですが、無添加の製品は有効期限や使用期限が短めに設定されています。

 

これは防腐剤や殺菌剤を含んでいるかどうかに違いがあり、無添加の日焼け止めや化粧品は添加物が入っていないからこそ1年で使い切らなければならないのです。

 

 

無添加の日焼け止め⇒酸化腐食を防止する防腐剤が入っていないので劣化しやすい

 

エアゾールタイプの日焼け止め⇒空気と触れ合わないので雑菌が入りにくい

 

 

上記のような特徴があり、無添加の製品は肌への安全性が高い代わりに使用期限が短いデメリットがあると考えておいて下さいね。。

 

この点に関しては日焼け止めだけではなく、化粧水や美容液などのコスメアイテムにも言えること。

 

「もったいないから捨てたくない」という気持ちは分かりますが、酸化が進めば進むほど成分が劣化していくので注意が必要です。

 

 

 

モノを大事にすることは、とってもいいことだとは思うんです。でも、成分が劣化してお肌にダメージを与えてしまうような状態になったものを使うのでは、本末転倒ですよね。使用期限を意識するということは、無駄になるようなものを最初から買わない、という意識にもつながり、結果的に節約・エコになるのではないでしょうか。


 

古い日焼け止めを使うとどうなるの?

 

 

 

乳液タイプやジェルタイプの日焼け止めは開封してから1年間以内と使用期限に目安があるものの、古い製品を使っても基本的に効果は薄れません。

 

しかし、肌への負担やダメージが懸念されます。

 

では、なぜ古い日焼け止めは使わない方が良いのか、理由をまとめてみました。

 

 

・香料や油の成分が酸素と触れ合って酸化し、肌への刺激となる

 

・防腐剤の効果が失われて雑菌が繁殖しやすくなる

 

 

成分の酸化や雑菌の繁殖により、ニキビが増えたり肌が赤くなったりとトラブルの原因となります。

 

個人の肌質によって変わるので一概には説明できないものの、使用期限を大きく過ぎた日焼け止めが肌に負担になるのは一緒です。

 

また、敏感肌の方は念のために、1年前の製品が残っていても新しく買い替えたほうがいいでしょうね。

 

 

私も、余っちゃった日焼け止めがあるんですよね…しょうがいないので買い換えよっと。もったいないおばけさん、ゴメンナサイ…


 

 

使用期限内でも使ってはいけない日焼け止めは?

 

 

 

開封後と比べて、未開封の状態であれば酸化は進みません。ですから、開封前のほうが長持ちします。

 

防腐剤や殺菌剤を含まない無添加の日焼け止めでも、未開封でも1年間以内であれば使用できます。

 

ただし、使用期限内でも使ってはいけない日焼け止めがあり、どんな状態だとNGなのか見てみましょう。

 

 

・2層タイプの製品ではないのにも関わらず成分が分離していて振っても混ざらない

 

・水分と固形が中で分離して蓋付近で固まっている

 

・中身を開封した時に匂いが変で鼻を覆ってしまう

 

 

見た目や匂いに何かしらの問題がある場合は、肌荒れを予防するために使用を避けるのが無難です。

 

また、見た目上では変化がなくても、内部では劣化している可能性もあるので肌へと塗布する前にパッチテストを行いましょう。

 

試しに二の腕などの場所に軽く塗布し、異常がないことを確認してから鼻や頬といった顔に使ってください。

 

 

 

そもそも、紫外線は夏だけじゃなくて一年中降り注いでいるんですよね。だから、一年中日焼け止めを使ったっていいんですよ。私は、飲む日焼け止めなんかも利用しながら、夏だけ塗ってますけどね。


 

飲む日焼け止めサプリ、この3つから選べば間違いナシ!

関連ページ

日焼け止めの種類別の効果を知れば、賢く対策できる。
日焼け止めって、様々なタイプがあるんですよね。あなたの知らない日焼け止めが、あなたにピッタリかも!
塗布タイプの日焼け止めのデメリットに注意して!
塗るタイプの日焼け止めはよく使われていますが、デメリットを知った上で使わないと大変なことに…
おすすめの日焼け止めグッズ。こんなのもあるとは!
日焼け止めグッズはたくさんあるんです。例えば、こんなの知ってました?
安全性の高い日焼け止めを選ばないと…
塗ればいいってもんじゃない!その理由、お知らせします。
日焼け止めの塗り直しは何回もしたくないよね?
塗り直し、面倒ですよね。面倒な人のための秘策も紹介。
保湿を気にせず日焼け止めを使いたいという望み、叶います。
日焼け止めを使いながら保湿する方法。こんな方法があったとは?
日焼け対策をやりすぎた女の末路は…
日焼けしたくない気持ち、わかりますよ!でもね、こうなってもいいんですか?
全身用の日焼け止めは、これを使うしかない。
全身用なら、これ一択。理由は明白ですよ。
残念!それは間違った日焼け対策の方法です。
間違った思い込みで日焼け対策をすると、残念なことになります。
日焼け対策を始めるタイミング!いつからがベストか、そりゃもう…
日焼け対策を始める時期は?時間はいつから?などという疑問に対する答えがこちら。
ファンデーションは日焼け止め代わりになる?意外な事実が…
ファンデーションと日焼け止めの関係、わかっているようでわかってないかも…
クレンジング剤でも日焼け止めが落ちない?その理由はこれ!
なかなかクレンジング剤で落ちない日焼け止め。その原因はここにありました。
知れば納得、日焼け止めの効果を高める正しい塗り方の全て。
あっ、そうなんだ!日焼け止めの塗り方、間違ってたかも。
スプレータイプの日焼け止めのメリットとデメリットを、洗いざらいに告白する。
日焼け止めのスプレータイプ。便利だけどちょっと困った面も。
日焼け止めを使用する季節は?意外な月からがベスト!
夏からでは遅すぎる!ではいつからがいいののでしょう?それは…
寝る前に必ず落としたい日焼け止め!就寝時につけたままだと…
これを読むと、寝る前には必ず日焼け止めを落としたくなります。
ノンケミカルの日焼け止めを使うメリット!肌に優しいの?
お肌に優しい、ノンケミカル。だけど、メリットばかりじゃないよ。
日焼け止めと虫除けの効果を同時に得られる製品の良さを語る。
夏は日焼けも気になるし、虫に刺されたくもない。両方使うのはちょっと大変だから、いい方法はないの?