日焼け止めの知識

化粧品による日焼けケアでおすすめの製品は?

 

 

日焼けしてしまった部位の炎症を抑えるために、化粧品を使ったスキンケアは必須です。

 

日焼けは火傷と同じですし、水ぶくれや腫れを放置していると跡になって残りやすいので注意しなければなりません。

 

以下では、日焼けケアを行うに当たっておすすめの製品をいくつか挙げているので、一度参考にしてみてくださいね。

 

 

化粧品を使う前に患部を冷やす

 

まずは化粧品を使う前に患部を冷やす必要があります。

 

 

・赤く腫れ上がっている

 

・ヒリヒリと痛みを感じる

 

・ピリピリと刺激を感じる

 

・小さな水疱が形成されている

 

 

このような症状が日焼けの代表で、保冷剤をタオルの中に包んで当てたり冷たいシャワーを浴びたりして、冷やしてみて下さい。。

 

自宅に帰ってきてからでも良いのですが、なるべく外出先で冷やすケアを行って肌を落ち着かせるべきです。

 

 

化粧水やローションで潤いを与える

 

 

日焼けした後の肌は乾燥しているので、化粧水やローションを使って潤いを与えなければなりません。

 

病院を受診しなければならないほどの重症でなければ化粧水やローションを使っても基本的には大丈夫です。

 

 

これらの化粧品には角質層から失われた水分を補う働きがあり、普段のスキンケアよりも多めに使うのがポイントとなります。

 

化粧水の正しい選び方や使い方をまとめてみました。

 

 

・「低刺激」「敏感肌用」の化粧水を使う(エイジングケア用のローションは刺激が強い)

 

・手の平に出して顔全体に馴染ませるように塗布する(コットンだと摩擦による刺激が起こりやすい)

 

・パタパタとパッティングして塗布するのはNG

 

・あらかじめ予定が決まっていて日焼けしそうな日は化粧水を冷蔵庫で冷やしておく

 

 

化粧水やローションを使ってしみる場合は日焼けの炎症が激しい可能性が高く、無理に塗らないでワセリンなどの刺激の少ない軟膏で肌を保護してあげましょう。

 

 

おすすめの化粧水やローションは?

 

日焼けケアでは以下のような化粧水やローションがおすすめです。

 

資生堂カーマインローション:消炎作用を持つカラミン(酸化亜鉛)が肌の火照りを抑える

 

桃の葉ローション:炎症の緩和や火照りの改善など日焼けケアに良いアロエエキスが含まれている

 

シーブリーズ 全身薬用ローション:生薬(植物成分)の薬理効果で日焼けによる肌荒れを抑える

 

ハトムギ化粧水スキンコンディショナー:「無着色」「無香料」と肌へと加わる刺激が少ない

 

夏場は特に普段から使用する化粧水と、日焼け後に使う化粧水を使い分けてくださいね。

 

 

乳液や保湿クリームを塗布して肌に蓋をする

 

 

化粧水やローションで潤いを与えても、その水分が外部へと逃げてしまったら意味がありません。

 

肌の水分補給の後には蓋をしなければならず、その役割を果たすのが乳液や保湿クリームです。

 

 

1、日焼けした肌は角質がダメージを受けないように硬くなる

 

2、水分量が減少して乾燥しやすくなる

 

3、シワシワの状態を防ぐために水分を含ませた肌に油分を含む乳液や保湿クリームで蓋をする

 

 

上記のようなスキンケアを心掛けていれば肌の回復力は少しずつ高まっていきます。

 

しかし、パックをすると美容成分が肌へと浸透しすぎて逆に刺激的なので、清潔な手でサっと塗るだけに留めておきましょう。

 

 

肌が落ち着いた後に美白美容液を使う

 

日焼け後に肌が落ち着いてきたら美白美容液を使い、シミやくすみの予防を行っていきます。

 

日焼けした当日や翌日は肌へとまだダメージが加わっており、美白化粧水や美白美容液を使うと刺激が加わりやすいのです。

 

「早く白い状態に戻したい」と焦る女性の気持ちは分かりますが、症状が落ち着いてヒリヒリとしなくなってから使いましょう。

 

 

美白美容液の選び方に関しては、目的に応じて配合されている成分で決めるのが一番です。

 

美白美容液の選び方!

既にシミが形成されてしまった⇒ハイドロキノンやプラセンタエキス

 

未然にシミやくすみを予防したい⇒アルブチンやトラネキサム酸

 

予防と改善の両方を促したい⇒ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビル)

 

基本的にどの化粧品も乾燥を引き起こしやすく、化粧水やローションで潤いを与えてから肌に塗布していく形となります。

 

 

おすすめの美白美容液は?

 

 

日焼けの炎症がおさまった後に使うおすすめの美白美容液を、いくつか見ていきましょう。

 

 

エトヴォス ミネラルUVセラム:人の肌と同じセラミドや複数のアミノ酸が含まれている

 

ルナソル コントロールエッセンスUVa:肌の凸凹や毛穴もナチュラルにカバーしてくれる

 

エッセンスインフェルト:メラニンを還元する作用のビタミンC誘導体を含んでいる

 

 

今の状態で美白美容液を使って良いのかどうか分からない人は、自己判断せずに医師へと伺ってみてくださいね。

 

 

内側からのケアも同時に行う

 

 

日焼けケアは外側からの対処に加えて、内側からも同時に行うべきです。

 

本当は日焼けしないようにUVカット衣服を着用したり帽子を被ったりするのが一番ですが、紫外線に長い時間に渡って当たってしまったのであれば正しいケアで悪化を防ぎましょう。

 

 

当サイトで推奨しているホワイトヴェールは、サプリメントのは日焼けを予防したいと考える女性のために作られました。

 

返金保証もついており、お手軽ですので一度試してみてはいかがでしょうか。

飲む日焼け止めサプリメント、どれがオススメ?トップへ