日焼けで冷やしていい?

日焼けした後のケアで冷やすのはOKなの?

 

 

 

 

日焼けした後のケアとして患部を冷やすのはOKです。

 

むしろ、熱いシャワーを浴びたり入浴したりと温めていると、更に皮膚の炎症が悪化しやすいので注意しなければなりません。

 

火傷した時に冷水や氷を使って冷やすように、日焼け後も冷たくして肌を鎮静化させることでダメージが回復しやすくなります。

 

 

・日焼けは皮膚に熱を持った状態なので体内の水分が蒸発している

 

・そのままの状態で放置していると乾燥が加速する

 

・乾燥によって外部からのダメージを受けやすくなる

 

 

日焼けも軽い火傷の一種だと考えられるので、上記の理由で患部を冷やして肌を落ち着かせましょう。

 

 

日焼け後の患部の冷やし方は?

 

 

 

以下では日焼け後の患部の正しい冷やし方をまとめてみました。

 

 

・手足など限られた部位の場合は直接水をかける

 

・広範囲の日焼けは冷たく濡らしたタオルを肌に当てる

 

・アイスバッグを使って効率良く冷やす

 

・自宅に帰ってきた後は冷たい水のシャワーで洗い流す

 

 

氷や保冷剤を持っている場合はガーゼや薄手のタオルで包んでから冷やすと、タオルを水で絞って当てるよりも効果的です。

 

ヒリヒリとした痛みがなくなって肌が落ち着くまではとにかく冷やさなければならず、日焼け後のケアで最も大事だと言っても過言ではありません。

 

しかし、一ヵ所に集中して冷やし過ぎていると低温火傷を招くため、あちこちと場所を移しながら少しずつ肌の鎮静化を図ってみてください。

 

 

メイクの汚れを落とす

 

患部を冷やして症状を落ち着かせた後はメイクの汚れをきちんと落とす必要があります。

 

日焼け後の肌はバリア機能が壊れており、メイク汚れが肌に残されているだけでダメージを受けやすいのです。

 

 

1、クレンジング剤を優しく肌へと馴染ませていく

 

2、できる限り冷たい水で洗い流す

 

3、擦ると肌の炎症が悪化しやすいので注意

 

 

このようなケアをお風呂の中で行わなければならず、メイクをしたまま眠らないように気を付けましょう。

 

 

同時に水分補給をする

 

 

 

熱中症の対策だけではなく、日焼けした後も意識して水分補給をしなければなりません。

 

内側からの水分補給によって代謝を促進でき、肌の回復力は徐々に高まっていきます。

 

アルコールやコーヒーといった刺激物以外であれば何でも良く、水道水やスポーツドリンクを小まめに飲むべきです。

 

 

症状が酷い場合は早めに皮膚科を受診する

 

 

 

肌を冷やしたり保湿ケアを行ったりしても痛かったり赤みを帯びたりしている時は、日焼けの症状が重いと考えられるので早めに皮膚科を受診しましょう。

 

水ぶくれになっている時は要注意で、セルフケアで対処するよりも病院で診てもらった方が遥かに効果的です。

 

もちろん、肌を冷やしたり潤いを与えたりするのは日焼けした当日だけではなく、翌日以降も同じように対処しなければなりません。

 

 

また、日焼けしてダメージを受けた肌を守る意味では、サプリメントの摂取も適しています。

 

近年は日焼け止め対策のサプリメントも増えてきましたので、試してみるのもいいでしょうね。

飲む日焼け止めサプリ、2019年のオススメはどれ?Topへ