日焼け止めをクレンジング剤で落とすには。

クレンジング剤の使用で日焼け止めは落ちないの?

 

 

 

洗っても落ちにくい日焼け止め、ありますよね。クレンジング剤を使っても、まだ何か肌に残ってたりして…


 

 

 

「クレンジング剤を使っても日焼け止めが落ちない」という方は、正しい落とし方をしていないからかもしれません。

 

日焼け止めが肌に残っていると肌荒れの原因となりますから、1日の終わりに全て落すのは大事なことですよね。

 

 

1、日焼け止めの中には紫外線吸収剤が含まれている

 

2、紫外線を吸収して化学反応で熱に変えて放出する

 

3、肌に残ったままの状態が続くと毛穴に成分が詰まる

 

4、ニキビや吹き出物が形成されやすくなる

 

 

日焼け対策で肌を守っているのにも関わらず、日焼け止めで逆に肌荒れが引き起こされていては意味がありません…。

 

特に、汗や水に強いウォータープルーフタイプは耐久性が高く、石鹸や洗顔フォームなど水性の洗顔料で洗っただけでは完全に落ちません。

 

ですから、クレンジング剤の使用が必要不可欠となっています。

 

以下では、日焼け止めの正しい落とし方を説明しているので、使用頻度が高い人は一度確認しておきましょう!

 

 

今使っている日焼け止めの特徴を把握する

 

 

 

クレンジング剤が必要なのか不要なのかは、日焼け止めの種類によって異なります。

 

商品のパッケージや公式サイトを見てみると、以下のように落とし方に関する表記があることでしょう。

 

 

お湯で流せば落ちる
石鹸や洗顔料の使用で落ちる
クレンジングが必要
専用のクレンジング剤が必要

 

 

クレンジング剤が必要な日焼け止めを顔へと塗った場合、洗顔料だけでは綺麗に落とせないので注意する必要があります。

 

 

 

こんな説明、結構読み飛ばしたりしてしまいますよね。でも、たいていの製品にはしっかり記載してあります!


 

 

肌質に応じてクレンジング剤の種類を選ぶ

 

 

 

強力な効果を持つ日焼け止めを使っている場合は、クレンジング剤が必要です。

 

そしてクレンジング剤は、以下のように複数の種類に分けられます。

 

 

・油性の汚れにしっかりと馴染んで落とせる「オイルタイプ」

 

・サラっとしたテクスチャーが特徴の「リキッドタイプ」

 

・弾力のあるテクスチャーが使われた「ジェルタイプ」

 

・手と肌の間でクッションの役割を果たす「クリームタイプ」

 

・肌の乾燥が気になる方におすすめの「ミルクタイプ」

 

 

日焼け止めを徹底的に落としたい人にはオイルタイプが適していますが、洗浄力が強いので肌への刺激もちょっと強め。

 

ですから、敏感肌の女性はジェルタイプやミルクタイプがいいでしょうね。

 

 

 

敏感肌の女性は結構いますよね。あなたの肌に合ったタイプのクレンジング剤を選んでみましょう!


 

 

クレンジング剤の後に洗顔料で洗う

 

 

 

使用するクレンジング剤が決まったら肌へと馴染ませて洗い落とし、その後に普段と同じように洗顔料を使っていきます。

 

 

クレンジング剤⇒メイクの油汚れや毛穴に詰まった角栓を落とす

 

洗顔料⇒古くなって肌に必要なくなった角質や皮脂を落とす

 

 

このように作用の仕方が異なるため、日焼け止めを使った後はクレンジング剤と洗顔料の両方を使うダブル洗顔がおすすめです。

 

 

角質や皮脂も肌へと残されれば毛穴に詰まってニキビなどの肌荒れに繋がりやすく、1日の終わりにオフする必要があります。

 

ただし、汚れを落としたいからといってクレンジング剤をゴシゴシと擦っていると、肌へと大きな負担が加わるのでちょっと危険。

 

同じような理屈でクレンジングオイルとマッサージの併用も避けたほうがよく、肌へと優しく馴染ませてからぬるま湯で洗い流しましょうね。

 

 

 

ダブル洗顔で、お肌をスッキリさせましょう!


 

 

洗い終わった後に保湿ケアを行う

 

 

 

クレンジング剤と洗顔料で1日の汚れを落とした後は、化粧水や美容液、乳液といった基礎化粧品を使って保湿ケアを行っていきます。

 

洗顔料だけであればまだしも、同時にクレンジング剤を使うと肌の乾燥が促されるので潤いを与えるスキンケアは必須といえるでしょう。

 

 

肌への刺激が低いかどうか

 

防腐剤や着色料が含まれていないかどうか

 

・ヒアルロン酸などの保湿成分を含んでいるかどうか

 

 

このような点に気を配って化粧水や美容液を選び、日焼け止めを洗い落とした後の保湿を念入りに行ってくださいね。

 

 

 

そうです、保湿も念入りに!


 

 

洗い落とすのが面倒な人には飲む日焼け止めがおすすめ

 

 

 

強力な日焼け止めは確かに効果が高く、紫外線によるダメージをしっかりとカットしてくれます。

 

その代わりに毎日のお風呂で洗い落とすのが面倒で、クレンジング剤を使いすぎれば今度は肌の乾燥で悩まされやすいのです。

 

そこで、もっと手軽にUV対策を行いたい人はサプリメントの飲む日焼け止めを使ってみる、という方法もあります。

 

 

・カプセルを飲むだけなので日焼け止めを塗らずに済む!

 

・クレンジング剤は濃いメイクをした時だけ使えば良い!

 

・肌へと余計な負担を加えずに済む!

 

・結果的にニキビや吹き出物などの肌トラブルを予防できる!

 

 

上記のようなメリットがあり、忙しい現代人の女性から高い注目を集めているんですね。

 

国産の良質な日焼け止めサプリも増えてきましたので、その効果を実感してみてください。

 

 

 

飲む日焼け止めサプリについては、こちらの飲む日焼け止めオススメランキングで詳しく説明しています!


 

関連ページ

日焼け止めの種類別の効果を知れば、賢く対策できる。
日焼け止めって、様々なタイプがあるんですよね。あなたの知らない日焼け止めが、あなたにピッタリかも!
塗布タイプの日焼け止めのデメリットに注意して!
塗るタイプの日焼け止めはよく使われていますが、デメリットを知った上で使わないと大変なことに…
おすすめの日焼け止めグッズ。こんなのもあるとは!
日焼け止めグッズはたくさんあるんです。例えば、こんなの知ってました?
安全性の高い日焼け止めを選ばないと…
塗ればいいってもんじゃない!その理由、お知らせします。
日焼け止めの塗り直しは何回もしたくないよね?
塗り直し、面倒ですよね。面倒な人のための秘策も紹介。
保湿を気にせず日焼け止めを使いたいという望み、叶います。
日焼け止めを使いながら保湿する方法。こんな方法があったとは?
日焼け対策をやりすぎた女の末路は…
日焼けしたくない気持ち、わかりますよ!でもね、こうなってもいいんですか?
全身用の日焼け止めは、これを使うしかない。
全身用なら、これ一択。理由は明白ですよ。
残念!それは間違った日焼け対策の方法です。
間違った思い込みで日焼け対策をすると、残念なことになります。
日焼け対策を始めるタイミング!いつからがベストか、そりゃもう…
日焼け対策を始める時期は?時間はいつから?などという疑問に対する答えがこちら。
ファンデーションは日焼け止め代わりになる?意外な事実が…
ファンデーションと日焼け止めの関係、わかっているようでわかってないかも…
知れば納得、日焼け止めの効果を高める正しい塗り方の全て。
あっ、そうなんだ!日焼け止めの塗り方、間違ってたかも。
スプレータイプの日焼け止めのメリットとデメリットを、洗いざらいに告白する。
日焼け止めのスプレータイプ。便利だけどちょっと困った面も。
日焼け止めを使用する季節は?意外な月からがベスト!
夏からでは遅すぎる!ではいつからがいいののでしょう?それは…
寝る前に必ず落としたい日焼け止め!就寝時につけたままだと…
これを読むと、寝る前には必ず日焼け止めを落としたくなります。
ノンケミカルの日焼け止めを使うメリット!肌に優しいの?
お肌に優しい、ノンケミカル。だけど、メリットばかりじゃないよ。
日焼け止めと虫除けの効果を同時に得られる製品の良さを語る。
夏は日焼けも気になるし、虫に刺されたくもない。両方使うのはちょっと大変だから、いい方法はないの?
日焼け止めの有効期限や使用期限は?古い製品を使うとどうなる?
使い切れなかった日焼け止め。新しいのを買うのはもったいないけど、有効期限ってあるのかな?