アトピーなら、日焼け止めは刺激が少ないものを。

アトピーの人が日焼けすると症状が悪化しやすい!

 

 

 

 

アトピーは、紫外線は刺激になって症状が悪化することが多いです。


 

 

 

アトピー性皮膚炎は代表的なアレルギーの一つで、引き起こされる症状には下記のように個人差があります。

 

 

・肌がカサカサの状態になって水分が失われる

 

・痒くなって無意識のうちに掻き毟ってしまう

 

・フケのような白い物質がポロポロと落ちる

 

・ブツブツとした赤い腫れがドーム状に盛り上がる

 

・掻き毟った後にかさぶたが形成される

 

 

どの症状が出るのか決まってはいないものの、太陽の紫外線による影響で症状の悪化に繋がりやすいことが知られています。

 

太陽から降り注ぐ日光には紫外線が多く、肌トラブルを防ぐにあたって強い日差しからしっかりと守る必要があるんです。

 

 

アトピー肌でも使える日焼け止めの種類は?選び方は決まっている?

 

 

 

紫外線を防ぐに当たって最も効果的なアイテムは、やはり日焼け止めです。

 

肌へとクリームを塗布したりスプレーを吹きかけたりして使います。

 

 

ただ、アトピー肌の人は化粧品による些細な刺激で症状が悪化しやすいですよね。

 

だからこそ、日焼け止めの正しい選び方を知っておく必要があります。

 

そこで、以下ではアトピー肌でも安全に使える可能性の高い日焼け止めの種類を挙げてみました。

 

 

・紫外線をブロックする効果の高い紫外線吸収剤ではなく、肌の表面で紫外線を反射させる酸化チタンなどの紫外線散乱剤を含む日焼け止めを使う

 

SPFやPAの数値が低く、肌への刺激が抑えられた日焼け止めを小まめに塗り直して使う

 

・「人工香料」「合成界面活性剤」「防腐剤」「安定剤」など余計な人工的な添加物が少ない製品

 

アトピー肌や敏感肌向けに化粧品を販売しているメーカーやブランドの製品

 

・石鹸で洗い流すのが難しいシリコンではなく、シリカ(ケイ素)でコーティングされている製品

 

 

多少なりとも、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤化学成分が入っていなければ、紫外線から肌を守ることはできません。

 

しかし、その量があまりにも多いとアトピー肌の人にとっては大きな負担になりやすいので、低刺激の製品を使ってみてくださいね。

 

 

 

強い日焼け止めを塗ってアトピーが悪化してしまうなら、本末転倒ですよね…


 

 

アトピー肌におすすめの日焼け止めは?

 

 

 

 

アトピー性皮膚炎を発症している人は肌のバリア機能が極端に低下していて、アレルギーや接触性皮膚炎を起こしやすい状態になっています。

 

普通肌の人は大丈夫でもアトピー肌の人にとっては危険な成分は多く、刺激的な成分を含んでいないかどうかで化粧品や日焼け止めを選ぶ必要があるんですね。

 

以下では、アトピー肌におすすめの日焼け止めをいくつか紹介しているので、どの製品を使ってUV対策をすれば良いのか参考にしてみてください。

 

 

HANAオーガニック ウェアルーUV:天然成分で作られたオーガニック処方で、洗顔料や化粧水がセットになったトライアルセットがおすすめ

 

キュレル UVローション:「アレルギーテスト済み」「敏感肌パッチテスト済み」と些細な刺激に弱い肌質の人が使用する日焼け止めとして適している

 

MAMA BUTTER(ママバター)UVケアクリーム:保湿成分としてシアバターが入っており、肌が乾燥しやすいアトピー肌におすすめ

 

UVラグジュアリーデイクリーム2:国産のオーガニック化粧品ブランドから販売されていて、徹底的な無添加に拘って作られている

 

 

「オーガニック」「無添加」「自然or天然」といった化粧品であれば安全に使用できます。

 

ただし、天然の成分でも個人の肌質によって合う合わないが異なるため、実際に肌へと塗布する前に全成分を確認しておきましょうね。

 

 

 

あなたにピッタリの日焼け止めを見つけてください!


 

 

アトピー肌の人に実践してもらいたいUV対策は?

 

 

 

アトピー肌の人は日焼け止めの使用に拘らず、他のUV対策も同時に実践した方がいいでしょう。

 

 

複数のアプローチによって日焼け対策を行う

 

・日焼け止めの使用量や塗る回数を減らせる

 

・肌へと加わるダメージを最小限に抑えられる

 

 

このようなメリットがあり、少しの刺激でも敏感な状態になっている時は、無理に日焼け止めを使わない方がいいんです。

 

どんなUV対策を毎日の生活の中で行えばいいのかを下記に挙げておきましたので、アトピー肌の人は実践してみましょう。

 

 

・ミネラルファンデーションやフェイスパウダーなどの化粧品を薄く塗る

 

・UVを100%カットしてくれる日傘や顔周りの紫外線を減らせる帽子などのグッズを使う

 

・夏場でも薄手のカーディガンやアームカバーを使って日差しが当たらないようにする

 

・有効成分が含まれた「飲む日焼け止め」を摂取して身体の内側からUV対策を行う

 

 

もちろん、低刺激のコスメアイテムでもアトピー肌の人にとっては刺激となるケースは多いため、不安な時は使用前にかかりつけの医師へと相談してみてくださいね。

 

 

 

最近流行りの飲む日焼け止めサプリは、肌に塗る必要がないから試してみる価値はあるかも!


 

2019年版・飲む日焼け止めサプリおすすめランキング!