日焼け止めの知識

日焼けしてしまった時の顔や身体の正しいアフターケアをチェック!

 

 

日焼け止めを使ったり帽子を被ったりしていても、日差しが強い夏場は日焼けしてしまうことがありますよね。

 

肌のダメージを抑えるには正しいアフターケアが必要で、念入りな対策を行っていればシミやニキビへと繋がることをかなり抑えられます。

 

顔も身体もアフターケアが大切な点は一緒です。では、どのような方法を取れば良いのか見ていきましょう。

 

 

顔や身体を冷やす

 

 

 

日焼けのアフターケアとして、顔や身体を冷やすのは必須です。

 

日焼けは軽い火傷の一種だと考えられており、何よりも皮膚を冷やすことから始める必要があるんですね。

 

 

1、冷たく濡らしたタオルや保冷剤をガーゼに包んで患部に当てる

 

2、炎症を起こしている部分を鎮静化させる

 

3、肌へと加わったダメージを回復しやすくする

 

 

上記のような効果が期待できます。皮膚の中にこもった熱が、少しずつ冷めていくんです。

 

水風呂の中に入るのも適していますが、あんまり冷たすぎないように注意しましょうね。

 

 

肌の状態に合わせて保湿する

 

 

 

患部を冷やして鎮静化させた後は、以下のように肌の状態に合わせて保湿ケアを行っていきましょう。

 

 

冷やしてもヒリヒリと痛む⇒化粧水を使わずにワセリンなどの軟膏を優しく塗布する

 

肌が火照っている⇒普段よりも多めに化粧水やローションで潤いを与える

 

我慢できない痛みや火照り⇒早めに皮膚科などの病院へと足を運ぶ

 

 

軽度の日焼けであれば化粧水やワセリンを使ったアフターケアで症状の改善は可能です。

 

 

・添加物やアルコール成分を含まない低刺激の化粧水を使う

 

・コットンの摩擦を防ぐために手の平で塗布していく

 

・数日後に症状が落ち着いてきたら乳液やクリームを使う

 

 

これらの点に注意しなければならず、美白を取り戻すよりも前に肌へと負担をかけないスキンケアを優先しなければなりません。

 

しかし、日焼けの症状によっては薬を使った方が良い場合もあり、炎症が酷い時や水ぶくれが形成されている時は医師へと相談してみてくださいね。

 

 

ぐっすりと睡眠をとる

 

 

睡眠時間をしっかりと確保してぐっすりと眠るのは日焼けのアフターケアとして大事なポイントです。

 

私たちの肌と睡眠にどんな関係性があるのか、見ていきましょう。

 

 

1、質の高い睡眠をとっていると睡眠中に成長ホルモンが分泌される

 

2、肌の新陳代謝が高まって酸素や栄養素がきちんとまわる

 

3、日焼けによってダメージを受けた肌の再生や修復が行われる

 

 

睡眠時間を増やせば増やすほど良いという単純な話ではありませんが、夜更かしや寝不足の状態が続くと肌の回復が遅れます。

 

それではスキンケアの効果を最大限に活かすことはできず、日焼け後は特に眠りの質を高める努力をしましょう。

 

 

常に日焼け止めを塗布する

 

 

日焼けした後の肌は弱い状態となっており、更に太陽の紫外線を浴びると炎症が再び引き起こされます。

 

そのため、アフターケアとしても今後の予防としても常に日焼け止めを塗布するのは重要です。

 

季節や天気に関わらず1年中に渡って紫外線は私たちの身体へと降り注いでいるので、紫外線吸収剤を含まない低刺激の日焼け止めを使ってみてください。

 

 

「日焼け止めを塗布すると肌がピリピリと痛む」といった方には、サプリメントをおすすめします。

 

 

飲む日焼け止めサプリのメリット!

  • 日焼け止めサプリメントであればカプセルを水や白湯と飲むだけで良い
  • 身体の内側から抗酸化作用の高い成分を摂取できる
  • クリームやジェルの塗り直しが必要ない

 

 

 

このようなメリットがあり、塗布タイプの日焼け止めに変わるUV対策として注目を集めています。

 

飲む日焼け止めサプリについては、当サイトのトップページで解説していますので、参考にして下さいね。

 

 

毎日の食事から栄養素を摂取する

 

 

 

身体のリズムを整えるためにも、毎日の食事から栄養素をバランス良く摂取するのは日焼け後のケアとして欠かせません。

 

どんな栄養素中心に取り入れれば良いのか見ていきましょう。

 

 

タンパク質:健やかな肌や髪の毛を作るために欠かせない栄養素

 

亜鉛:細胞が分裂して増殖する際に必要な存在

 

ビタミンC:シミやシワを引き起こす活性酸素を抑制する

 

βカロテン:皮膚の新陳代謝を高めて健康な状態で保つ

 

リコピン:トマトに含まれる成分でメラニンを作る酵素の働きを抑える

 

 

肉類や乳製品に偏った食生活を避け、緑黄色野菜や果物も意識して食べる必要があります。

 

美容だけではなく健康とも深く関わる栄養素なので、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

飲む日焼け止めサプリメント、徹底解説!