日焼け止めは寝る前は落とそう!

就寝時に日焼け止めがついているとどうなるの?

 

 

 

 

やっぱり、日焼け止めは就寝時には落としたほうがいいんです。なぜかというと…


 

 

日焼け止めの中には紫外線をブロックする成分が含まれていますよね。

 

日焼け止めは、肌へのダメージをしっかりとカバーしてくれる優れたアイテムです。

 

 

しかし、使い方によってはその日焼け止めが肌へ逆にダメージを与えてしまうこともあるんです…。

 

就寝時にクリームやジェルがついていると肌へと悪影響なので、注意する必要があります。

 

 

・毛穴の中に詰まってニキビや吹き出物の原因となる

 

・鼻の黒ずみが形成されて美容の大きな妨げとなる

 

・睡眠中に加速する肌の生まれ変わりの弊害となる

 

 

様々な肌荒れの原因に繋がる以外にも、肌の生まれ変わりのターンオーバーが正常に行われなくなります。

 

睡眠中は肌細胞が再生する大事な時間。

 

それは、以下のようなメカニズムになっているんです。

 

 

1、私たちは浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を交互に繰り返している

 

2、夜の10時~深夜の2時までの時間帯に成長ホルモンが活発に分泌される

 

3、成長ホルモンのお陰で美肌を保つ新しい細胞が生成される

 

4、就寝時に日焼け止めを塗ったままだと皮膚の呼吸が妨げられる

 

5、肌の細胞へと酸素が十分に届かなくなって生まれ変われなくなる

 

 

これは日焼け止めだけに限った話ではなく、メイクやホコリなど他の汚れにも該当します。

 

「夜に洗顔を行った方が良い」と言われているのは、日中に肌へと溜まった汚れを効率良く落とすためなんです。

 

 

 

洗顔は面倒かもしれませんが、やっぱりちゃんとしましょうね!


 

 

夜も日焼け止めを塗った方が良いの?

 

 

 

紫外線自体は夜もなくならず、一定の量があなたの肌へと降り注いでいます。

 

しかし、日中と比べれば僅かな量なので気にするほどではなく、夜に日焼け止めを塗る必要性は特にありません。

 

夕方であればともかく、日が沈んだ後は無理にUV対策を行わなくても良いのです。

 

 

それに、部屋の中で生活しているのであれば肌へと悪影響はありません。

 

日焼け止めを塗布して自宅へと帰ってきたら、なるべく早めに落としてそのまま寝ないようにしましょう。

 

 

 

夜は、そこまで神経質にならなくてもいいですよ。


 

 

寝る前に日焼け止めを落とす方法は?

 

 

 

日焼け止めは寝る前までに落とす必要があり、それはどんな製品を使っていても一緒です。

 

 

保湿成分が入っている

 

美容成分が加えられている

 

・肌への刺激が少ない

 

 

このように紹介されている製品でも、クリームやジェルがついた状態を放置していては何も良いことはありません。

 

基本的には洗顔で落とす形となりますが、使っている日焼け止めの種類によって方法が異なるので詳しく見てみましょう。

 

 

肌への負担が少ない日焼け止め:「オーガニック」「ノンアルコール」「無鉱物油」といった製品は洗顔料や洗顔石鹸で簡単に落とせる

 

紫外線吸収剤が含まれた日焼け止め:落とす際には洗浄力の高さが必要で、市販されているクレンジング剤やホホバオイルなどの天然オイルを使う

 

紫外線散乱剤が含まれた日焼け止め:「ノンケミカル」「アルコールフリー」など肌に優しい製品が多いので洗顔だけでOK

 

 

効果の高い日焼け止めを使っている場合は洗顔だけでは落ちにくいため、寝る前のクレンジングが必要となります。

 

しかし、例え肌への負担が少ない日焼け止めを使っていても、ファンデーションやマスカラ、アイライナーでメイクをしている女性はしっかりとオフするためにクレンジングを併用しましょうね。

 

 

 

お肌を守るための日焼け止めで、お肌にダメージを与えたら意味ないですからね!


 

 

寝る前に落とすのが面倒な人には飲む日焼け止めがおすすめ!

 

 

 

「寝る前に日焼け止めクリームを落とすのが面倒…」

 

「疲れて帰ってくると落とすのを忘れてしまう…」

 

 

そのような方には、オーソドックスな塗布タイプではなく、飲む日焼け止めの使用をおすすめします。

 

メーカーや製品によって異なるものの、適量のサプリメントを摂取することで身体の内側から日焼け対策ができるのが飲む日焼け止めのメリットです。

 

クレンジング剤を使って一生懸命に落とす必要はありませんし、日中の塗り直しも基本的には不要なので試してみてくださいね。

 

 

 

安全で評判が高い飲む日焼け止めサプリを、こちらのページでいくつか紹介しています!


 

2018年度:飲む日焼け止めサプリランキングはこちら!

 

関連ページ

日焼け止めで肌荒れ!その原因と対策を考える。
日焼け止めの種類別の効果を知れば、賢く対策できる。
塗布タイプの日焼け止めのデメリットに注意して!
手作りの日焼け止めの作り方。シアバターを使ったものが効果的!
おすすめの日焼け止めグッズ。こんなのもあるとは!
安全性の高い日焼け止めを選ばないと…
日焼け止めの塗り直しは何回もしたくないよね?
保湿を気にしないで日焼け止めを使いたいというあなたの望み、叶います。
あなどれない、頭皮の日焼け対策アレコレ。こんなのもあるの?
こんな食べ物で日焼け対策になるなら、やってみる?
日焼け対策をやりすぎた女の末路は…
服装による日焼け対策は?どんなファッションが良い?
ビタミンによる日焼け対策を地味にやってると、いいことあるのかな?
日焼けでシミができた、と落ち込む暇があるなら、この対策を!
日焼けケアだけ?熱中症対策も一緒にしましょうよ。
これを読むと、サングラスによる日焼け対策を今すぐしたくなる!
全身用の日焼け止めは、これを使うしかない。
エステサロンによる日焼けケア!費用はどのくらい?
残念!それは間違った日焼け対策の方法です。
ウォーキングやランニング時に、この程度の日焼け対策はして欲しい!
日焼けケアに有効な薬は?まあ、薬に頼らないのが一番ですが一応。
日焼け対策を始めるタイミング!いつからがベストか、そりゃもう…
日焼けケアで冷やすにしても、冷やし方があるからね。
日焼けした後のケア!お風呂に入ってもいいけど、これは守って欲しい!
知ってる?日焼けによる寒気の正しい対処方法。
化粧品による日焼けケア!おすすめの製品があるかというと…
オイルで日焼けケアができるなんて…
日焼けしてしまったら、これだけのアフターケアはしておきたい。
日焼け止めで炎症やかぶれは起こる?正しい対処法は?
ファンデーションは日焼け止め代わりになる?あなたの知らない事実が…
クレンジング剤でも日焼け止めが落ちない?それには理由があるんです。
知れば納得、日焼け止めの効果を高める正しい塗り方の全て。
スプレータイプの日焼け止めのメリットとデメリットを、洗いざらいに告白する。
アトピー肌でも使える日焼け止めは?症状は悪化しないの?
花粉症で悩む人でも使える日焼け止めを選んでみました!
乾燥肌の人におすすめの日焼け止めには、こんな特徴があった!
日焼け止めが原因のニキビに注意!肌荒れを予防するには?
日焼け止めを使用する季節は?何月からがベストか、それは意外にも…
ノンケミカルの日焼け止めを使うメリット!肌に優しいの?
日焼け止めと虫除けの効果を同時に得られる製品の良さを語る。
日焼け止めの有効期限や使用期限は?古い製品を使うとどうなる?
老化の防止に役立つ日焼け止め!紫外線をしっかりと防ごう